mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

配当と株主優待の影響

権利確定日前になると株価は上昇しやすい

配当や株主優待を受けるためには権利確定日に株主でなければなりません。権利確定日を株主として迎えるためには、その4営業日前に株を買わなければならず、その期日が迫ってくると配当や株主優待目当てで買いが増え、株価が上昇する場合があります。 逆に権利落ち日を迎えると株価は下落傾向を見せる事が多いのです。

予め株価上昇を見越して権利確定日近くになったら株を買い、上昇がピークを迎える頃に売り抜けるというのも一つのやり方でしょうし、 権利落ち日を迎えて株価が下落した所を狙って安く購入するというのも良いでしょう。

スポンサード リンク