mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

信用買残と信用売残

信用買残と信用売残とは

銘柄ごとに信用取引によって何株買われたのか、売られたのかというデータを集計し、そこから個々の銘柄ごとの信用取引による 未決済分が発表されます。これを信用取引残高といい、買い建てを信用買残、 売り建てを信用売残と呼びます。

信用買残と信用売残で見る傾向

信用買残はいずれ返済目的で返済売りをせねばならず、信用売残は同じくいずれ返済買いをしなければなりません。つまり信用買残は潜在的な売り圧力を、 信用売残は潜在的な買い圧力を示しているとも言えます。

信用倍率

信用倍率とは、信用買残が信用売残の何倍になっているかを示す指標です。

株価が上昇局面を迎えると、値上がりを期待し信用買いが入り信用買残が増加し、下降局面を迎えると空売りにより信用売残が増加してきます。 これによりある程度のトレンドを見る事が出来ます。

○信用買残・増と信用売残・減 = 信用倍率・上昇
空売りしたトレーダーが損失が膨らむ前に買い戻しをみせるため、株価は上昇傾向を見せる。買残が無くなってくると買い圧力が 低下してくるため、値上がりは鈍化してくる。

○信用買残・減と信用売残・増 = 信用倍率・下降
信用買いしたトレーダーが損失が膨らむ前に損切りし始めるため、株価は下降傾向を見せる。売残が無くなってくると売り圧力が 低下してくるため、値下がりは鈍化してくる。

スポンサード リンク