mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

悪徳業者の手口

もぐりの業者は白ナンバー

葬儀業者の使う遺体搬送用の寝台車、つまり霊柩車は緑ナンバーです。もし搬送用に来た車が白ナンバーなら、もぐりの業者を疑った方がよいでしょう。中には別に構わないと開き直る業者もいますが、違法営業になりますので気を付けて下さい。

原価の無い業界

葬儀業界というのは原価があって無いような業界です。二束三文の物に何十万円という料金設定をし、それが当然のごとくまかり通っていく、そういう世界なのです。その最たる存在が「祭壇」でしょう。

葬儀費用の見積もりを取ると、「祭壇設備」が突出して高額なのに気付かれるでしょう。棺などは消費物ですが、祭壇は単に借りているだけです、つまりレンタル料でここまで高額なわけです。遺族はたった2日借りるだけで何十万円というお金を払っているわけです。そのため祭壇は葬儀業界ではドル箱とされています。

非常に手の込んだ祭壇を300万円で新調したとしても、遺族に100万円でレンタルすれば3回で元が取れ、その後は全てが利益になります。丁寧に扱えば10年20年使えるわけですから、葬儀業者は腹の底から笑いが止まらないでしょう。

こういった事が知られてきたためか、「祭壇料50%オフ」などとチラシに書く業者もいます。しかし、こんなものは他の料金に引いた分上乗せするだけですから無意味です。見積書の祭壇料何十万円を横線で消し、0円と書く事でお得感を出したり(勿論、多項目に上乗せ)、パンフレットでみすぼらしい安い祭壇と美しい高い祭壇の写真を対比させ、高い方の祭壇を選ぶよう誘導する、みずぼらしい祭壇は実際は使用してさえいないなんてやり方もあります。

棺もまた根拠無く高額になっている商品です。棺の材質はラワン・ベニヤ張り、桐・檜と色々あり、当然ランクも違ってきます。しかし、原価などはせいぜい8千円~5万円程度です。棺の相場はおよそ原価の10倍と言われています。たかが1万円程度の棺を10万円で買わされているわけです。遺族は棺の原価の相場など知りませんし、わざわざ材質を確認する人もいません。遺体搬送時に遺族の了解を得ず、勝手に棺に入れ後々請求してくる業者いるので注意しましょう。

とかく葬儀業界というのは、訳の分からない名目でお金を搾り取る業界です。何も知らないといつの間にか丸裸にされるため、しっかりと知識を身に付け、業者と対峙しなければなりません。

祭壇料は給料の2ヶ月分

葬儀業者がよく口にするものとして、「給料の2ヶ月分を祭壇料に当てるのが一般的ですよ」があります。勿論、こんな言葉に根拠はありません。

似たものとして「結婚指輪は給料の3ヶ月分」という言葉があります。これはジュエリー会社がCMで作り上げた思い込みであり、葬儀業者も全く同じ事をして高額な料金を正当化しているのです。場合によっては2ヶ月分が3ヶ月、4ヶ月と増えていくでしょう。

マンションや団地のケース

業者はまず、あなたがマンションや団地住まいかどうか聞いてきます。マンション、団地はエレベーターや玄関の構造上、遺体を運び入れられない場合も多く、事前に確認するのですが、葬儀業者が聞くのは他の理由もあるのです。

マンションや団地では、管理組合や自治会が運営する集会場がある場合が多く、マンション住まいであってもそうした場所を葬儀会場として使用出来ます。しかし、葬儀業者はこういった事実を教えず、「ではこちらで管理している斎場でご葬儀を行いましょう。」と言ってくるのです。その理由は単純明快でその方がお金を搾り取れるからです。

例えマンションやアパート住まいでも、必ず「葬儀は自宅か集会場決めています。」と答えましょう。

一戸建てのケース

遺族が一戸建てに住んでいる場合は、直接斎場へ向かう事はまずなく、自宅へ搬送する事になります。この時、気を付けなければならないのは、業者が当たり前のように仕切り始める事です。

業者に頼んでいたのは、あくまで自宅前までの遺体の搬送です。しかし、業者は当たり前のように自宅に上がり込み、磁石で方角を確かめ、床の強度を調べ、家具や調度品の移動を行い、遺族に指示しながら遺体の安置場所を決定します。さらに持参した焼香台や枕飾りの準備を始める。そのような姿を見ていた葬儀の事を何も知らない遺族は、とても頼りになる存在と映るでしょう、こうなればもはや契約は取れたも同然です。

後はあたかも既に契約がされているかのように、今後の予定を遺族に説明し始めるだけでしょう。遺族は何も疑問に思わず、そのままその葬儀業者を使う事になり、葬儀を終えた頃に明細書を見て、なぜそれだけ親切にしてくれたのかの理由を知るのです。

警察や病院の指定業者だからといって、必ずしもそこを使わねばならない義務はありません。もっと安くて質の良いところもあるかも知れません。日本人は厳粛な場面で金銭の話をする事を避けたがりますが、流れに身を任せるのではなく、しっかりその葬儀業者は契約に値する業者なのか選別した上で、最終的な決断をするのが望ましいのです。

相場を聞いてはいけない

葬儀業者を決定し、次にするのが葬儀の規模と予算の決定です。ここで多くの遺族が業者に「相場はいくら位でしょうか?」と聞いてしまう。これは一番聞いてはいけない質問で、自分は葬儀に無知ですよと言っているようなものです。

業者が良心的でない場合、当然、何も知らない相手と考え、値段を出来るだけつり上げてきます。妙に高いプランを提示してきても鵜呑みにしてはいけません。業者のよく言うセリフとして「この方が仏様もお喜びになりますよ」というものがあります。

既に亡くなっているので喜びようはありませんが、遺族は仏様を出されると弱いのです。中にはあるにも関わらず、梅コースは出さずに竹・松・特上と表現するずる賢い業者も存在するようです。実際は松竹梅と単純ではなく、もっと細分化されている事が多いのです。

通夜ぶるまいの料理が多過ぎる

通夜で悩むのが通夜ぶるまいの料理の量です。多過ぎれば余ってしまうし、少なすぎれば喪家の恥になる。

葬儀業者は「足りなくなるとみっともないし、少し余る位で丁度良いでしょう」と言ってきます。純粋なアドバイスとして言っている業者が多数でしょうが、中には葬儀費用をつり上げるために言う業者も存在します。

ほとんどの葬儀では、葬儀業者に言われるまま用意してしまい、結果、大量に余らせてしまうと言われています。営業担当者がやたら多く注文したがるのは、それが成績、給与に反映するからです。

通夜ぶるまいの料理は参列者の50%、多くて70%が目安とされ、節約したいと考えているなら、親族分を余裕分として注文しておけばよいでしょう。もし会葬者が予定より多ければ、手を付けていない親族分の料理を出せばいいだけです。親族はいざとなれば出前を取ればよく、寿司の10人前位であれば問題無く届けてくれるでしょう。

葬儀を自宅で行う場合には、もし料理などが足りなくなっても、近くのスーパーやコンビニで調達する事が出来るため、それほど心配する必要はありません。自分の利益だけを考えている葬儀業者に当たってしまうと、必要以上の出費になるので気を付けましょう。

通夜ぶるまいの料理はなぜ不味いのか

よく通夜ぶるまいの料理は不味いと言われます。斎場で提供される料理は、葬儀業者と提携している仕出し屋か葬儀業者直営の仕出し部門で作られています。元々がぼったくり体質のある業界ですから、料理も質が悪い割には値段が高い。

調理から時間が経っており不味く、品数も少なく高い。ろくな物ではありません。通夜ぶるまいで出されるジュースや酒といった飲料は、栓を抜かなければ返品出来るシステムが主流です。そのため、中には遺族に断りもなく次から次へと栓を抜いていく業者もいたと言います。

まともな競争が働いていない世界の商品は質が悪い、これはどの業界でも真理であり、質を期待するなら料理等は自分で用意する方が無難かも知れませんね。

最近の僧侶は機械に頼る

機械に頼る事が良いか悪いは分かりませんが、現代ではお坊さんですらコンピュータなどを使う時代です。

今は戒名をつけるソフトという物が存在します。故人の個人情報を入力するとコンピュータが適当な戒名を出してくれるという物。これだったら遺族がソフトを買ってつけた方が安上がりなのでは? と思ってしまいますね。

他にも卒塔婆を印刷する専用プリンタという物もあります。神仏の世界が精神性ではなく効率性を追求するのも、一つの潮流という事なのでしょうか。

偽坊主

坊主の中には坊主とは名ばかりの偽坊主がいるのです。葬儀業者が募集広告を出し、突貫工事のように勉強させてにわか坊主を大量に作る。そして、それぞれ宗派を割り当て、自分達の葬儀に出演させるわけです。こうすれば紹介手数料を坊主側から受け取るのではなく、お布施の全額が業者に転がり込むため、このような偽坊主が作り出されるのです。

明確に偽坊主を見破る方法はありませんが、納骨の時に霊園についてきてくれるかどうか、というのも見分け方として挙げられるという。お墓では立ってお経をあげるため、経本を開いて見ながら読経出来ない。にわか坊主はまともに修行してお経を覚えているお坊さんとは違うため、逃げてしまうのだそうです。

スポンサード リンク