mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

内見・下見のチェックポイント

下見・内見で持っていく物

・地図
・コンパス
・カメラ、スマートフォン
・筆記用具

などがあると役に立ちます。地図は周辺施設の確認、コンパスは方角の確認(物件情報の方角と実際の方角が異なる)、カメラ、スマートフォンは画像での記録、筆記用具は筆記による記録をします。

周辺環境の確認

地域全体の質を推測する

最初はスーパーマーケットに行き、試食出来るか確認しましょう。試食は客層のマナーが一定レベルを超えていなければ成立せず、試食があるなら地域住民が最低限の常識をわきまえている事を示しています。

さらに、古本屋に行って並んでいる中古書を確認しましょう。並んでいる本は地域住民が売った本ですから、品揃えを見れば住民のおおよその傾向が分かります。

移動時間の確認

物件情報に記載されている駅からの徒歩時間は、「1分 = 80メートル」であり、徒歩5分なら距離は400メートルになります。

しかし、途中に踏み切りがあったり、中々、青にならない信号などは考慮されません。表記が徒歩○○分であろうと、一度、自分で歩いて確認するのをお勧めします。

ちなみに、「1分 = 80メートル」は時速4.8kmであり、女性の場合は表示より時間が掛かる可能性もあります。

交通手段の確認

バスを利用する場合、時刻表、最終バスの確認も行いましょう。車移動を考えている人はガソリンスタンドの位置、一方通行の有無等を確認します。

公共施設の確認

公共施設は役所、郵便局、交番、図書館等、頻繁に利用する施設の位置、営業時間を確認します。

頻繁に利用する店舗の確認

病院、学校、幼稚園、銀行、書店、定食屋、スーパーマーケット、コンビニといった、日々の生活で利用する民間施設の位置、営業時間を確認します。

陽射しを遮るものがないか

部屋の周囲に大きな建物があれば、日当たりが期待出来ないかも知れませんし、地図ではあったはずの施設が無くなっているかもしれません。

他の住人の質を推測する

共同住宅は他にも住人がおり、その中に非常識な人間がいると、後々自分の生活に悪影響になるかもしれません。そのため、住人達の「ゴミの出し方」を見てある程度の質を判断しましょう。

ゴミ捨て場を見て、まともに分別もされていない、収集日以外でも平気でゴミが捨ててある状況なら、非常識な住人がいる事を示しています。

防犯対策の確認

エントランスにポストがある場合は、その鍵と防犯性を確認し、自転車置き場などが視界の確認(悪ければ盗難に遭う危険がある)をする。深夜の帰宅を想像し、駅から部屋までの道のりは明るいか、人通りはあるか等を確認します。

騒音の元となる施設の確認

騒音で確認すべき項目は以下です。

・駅が近くにあるか
・学校が近くにあるか
・公園が近くにあるか
・部屋に面した道路の交通量
・部屋に面した道路が抜け道になっていないか

等を確認します。特に抜け道による出勤帰宅時の騒音は、昼間に部屋を内見しただけでは分かりませんから注意が必要です。

昼と夜、平日と休日

昼と夜、平日と休日で印象がガラリと変わる物件もあります。昼は往来があるのに、夜は途端に人気が無くなる。休日を使って下見した時は閑静だったが、平日は部屋の前の道路をひっきりなしに車が走る。

必ず昼と夜、平日と休日両方の顔を確認しましょう。

その他

1階が飲食店であれば臭い、ネズミやゴキブリなどの問題、近くに畑があり砂塵が飛んでくる、ヤクザの事務所がある、カルト教団の事務所がある等々。格安物件などはこうした思わぬ落とし穴があったりしますから気を付けましょう。


こういった事は、実際に自分が生活していると想像し、その時の生活パターンに当てはめるのが大切です。

部屋の中で確認する事

日当たり

日当たりが良いのは多くの人にとって好ましい条件です。コンパスで方角を調べ、窓の大きさ、数などを確認します。物件情報に記載されている方角は信用ならず、調べてみると全然違うというのは良くあるので注意しましょう。

太陽は東から上り、南の空を通り、西に沈むので、東側に窓があれば午前、南に窓があれば午前から午後(日中)にかけて、西側に窓があれば午後、陽射しが入る事になります。日当たりの良い条件として、よく「南向きの部屋」が好まれますが、東西でも十分陽射しは入ります。

騒音の危険

最も気にすべき事は隣人、上の住人です。隣、上の部屋に三輪車などがあれば、わんぱく盛りの子供がいるという事ですし、

防犯設備

ドアや窓に二重に鍵がついているか、ピッキング対策はされているか、外からの進入経路(窓までの足場、ベランダへ登る排水パイプ)はないか、窓が道に面しているか等、そう簡単に侵入できない物件かどうか確かめます。

コンセントの数

現在は沢山の家電を使いますから、大事であるのに見落としがちなポイントです。コンセントが少ないと部屋のレイアウトが制限されてしまいます。

シャワーの水圧

シャワー、シンクの水圧を確認します。築年数の経過した物件はシャワーの水圧が低い事があるからです。

携帯電話の電波

猫も杓子も携帯電話の時代ですから重要な要素です。部屋によって入りが違う事もありますのでチェックしましょう。

窓やドアの建て付け、ベランダまわり

窓、ドアが開けづらい、閉めづらいのは家が歪んでいる証拠です。日本は地震国であり、地震が起これば歪んだ家は非常に危険です。

ベランダは広さを見ます。洗濯物、布団も干せない狭さでは生活が不便になります。

さらに、周辺から自分の部屋が覗かれないかもチェックしましょう。見通しが良すぎて近くの建物から部屋が丸見えだと、日中もカーテンを引くはめになります。

スポンサード リンク