mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

自治体融資とは?

自治体融資を知ろう

自治体融資とは、地方自治体(都道府県、区市町村)が住民に対して行う融資を言います。融資は金融機関が本人に行いますが、金融機関の金利より低利で借りる事ができ、差額は自治体が金融機関に支払います(利子補給)。元金は金融機関が支払いますが、信用保証協会の保証が付いているため、返済が滞っても保証協会が代位弁済します。つまり、自治体融資は本人、自治体、金融機関、信用保証協会の4者が関わる融資になります。

融資の内容、借り入れ資格、融資条件はそれぞれの自治体により異なります。ここで各都道府県の自治体融資を解説する事は不可能ですが、中小企業向け融資で1,000万円~3,000万円を金利2%~2.5%程度で5年~10年借りられるものもざらですから、自分の住む自治体融資を一度確認してみる事をお勧めします。

大抵の借り入れ資格としてその地域に一定上住んでいる、または勤務しているなどはどこの自治体でも最低限の条件に設定しているようです。

スポンサード リンク