mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

専業主婦にも保険は必要

未亡人には公的保障が厚い

生命保険は夫が加入するもの、妻の加入はあまり必要性が無いという誤解があります。しかし妻の場合、夫に先立たれると子供がいれば遺族厚生年金などの公的支援がありますし、住宅ローンは団信によりチャラになります。夫が生命保険に加入していたのなら、当然その保険金も支給されるでしょう。意外と妻は万が一でも安心なものなのです。

しかし夫はそうではありません。夫が妻に先立たれた場合、遺族年金は期待出来ず、住宅ローンも無くなりません。妻は生命保険に未加入で保険金もありません。幼い我が子はまだ手がかり、自分は仕事で面倒が見られない。施設へ預けたりベビーシッターを頼むにしても金銭的な余裕が無い。

妻が亡くなっても夫は金銭的に困窮しないと思われがちですが、本当は逆なのです。
余裕があるのなら、専業主婦の妻も生命保険には加入した方が良いと思います。

スポンサード リンク