mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

生保が破綻したら?

自分が加入していた保険会社が倒産した

国内の生命保険会社は「生命保険契約者保護機構」の加入を義務付けられています。生命保険契約者保護機構は破綻保険会社の保険契約の移転等における資金援助、補償対象保険金の支払に係る資金援助等を行う機構です。

生命保険契約者保護機構の対象となる契約は、再保険を除く全ての保険契約となります。

保障される範囲

破綻した生保の契約は救済保険会社に移転されますが、補償されるのは責任準備金の90%です。責任準備金とは将来の保険金や給付金支払いに備え積み立ててあるお金の事であり、保険金や年金の90%という意味ではありません。

予定利率の引き下げの可能性

契約移転時に予定利率の引き下げや、契約条件の変更が行われる場合があります。それはつまり保険金額が減少する可能性があると言う事です。

生保が破綻すると契約時の最低保障の条件が、そのまま引き継がれるというのはほとんどないでしょう。

スポンサード リンク