mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

保険と貯蓄の関係

貯蓄は三角、保険は四角



万能の保険は何よりも貯蓄です。しかし貯蓄は自分や家族の生活を保障するほどの蓄えになるまでに時間が掛かります。保険はその時間的不安を埋めるための商品なのです。

上図を見て下さい。貯蓄は三角、保険は四角という言葉の意味がわかるでしょうか。貯蓄は最初は貯蓄額がわずかで頼りになりませんが、保険は最初から保障額が一杯で最初から最後まで頼りになります。この様に保険は「貯蓄で補えない保障を補うもの」なのです。

時間経過と共に必要となる保障額は低下していきます。養育費は子供が成人する事で掛からなくなり、住宅ローンも残り少ない、何より貯蓄額の増加があります。将来への準備が整うほど保険への依存度は低下させていきましょう。いずれは保険から卒業する事が最終目的となります。

取りあえず保険に入っていなければならないという強迫観念を持つ人がいますが、保険料の負担が重すぎて貯蓄が増やせないという本末転倒な事態だけは避けなければなりません。あくまで保険とは貯蓄のサポート役でしかないのです。

スポンサード リンク