mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

主契約と特約の違い

生命保険とは主契約+特約

主契約とは生命保険のベースであり、特約とはその主契約に付帯された要素の事です。生命保険はこの二つの組み合わせで出来ており、だからこそ無限の組み合わせが生まれ数が膨大となり分かり難くなっています。

主契約 + 特約 = 生命保険

特約は単独での契約は出来ません。主契約は生命保険の3大種類で紹介した通りです。以下代表的な特約を紹介しますが、いまや特約の数は膨大になっておりこれら以外にも無数に存在しています。

死亡保障を補う特約

定期保険特約

一定期間内に死亡、高度障害状態になった場合に保険金を受け取る事が出来ます。
終身保険にこの特約を付帯した物が「定期保険特約付終身保険」でとても人気があります。

収入保障特約

死亡、高度障害状態になった場合、定められた満期まで年金を受け取る事が出来ます。

三大疾病保障特約

ガン、脳卒中、急性心筋梗塞により所定の状態になった場合、生前に死亡保険金と同額の保険金が支払われ、保険金を受け取ると特約はその時点で終了します。死亡した場合は死亡保険金が受け取れます。

家族定期保険特約

一定期間内に被保険者として定めた家族が死亡したとき、死亡保険金が受け取れます。

不慮の事態に備える特約

災害割増特約

不慮の事故または特定感染症で死亡したとき、主契約の死亡保険金に上乗せして災害死亡保険金が支給される特約。

傷害特約

不慮の事故または特定感染症で死亡したとき、主契約の死亡保険金に上乗せして災害死亡保険金が受け取れ、また、不慮の事故で所定の障害状態になったときは、障害の程度に応じて障害給付金が受け取れる特約。※特定感染症で高度障害状態になったときは、給付されません。

病気や怪我等に備える特約

疾病入院特約

病気で入院したときに、入院給付金が受け取れます。また、病気や不慮の事故で所定の手術をしたときに、手術給付金が受け取れます。

災害入院特約

不慮の事故で入院したときに、入院給付金が受け取れます。

長期入院特約

病気や不慮の事故で長期の入院をしたとき、所定の入院給付金が受け取れます。※長期の入院日数は、125日以上、180日以上などと定められていますが、生命保険会社によって異なります。

通院特約

入院給付金の支払対象となる入院をして、退院後、その入院の直接の原因となった病気やケガの治療を目的として通院した場合に通院給付金が受け取れます。※退院後だけではなく、入院前の通院も保障するタイプを取り扱う生命保険会社もあります。

特定の疾病や怪我に備える特約

成人病入院特約

ガン、脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病の5大成人病で入院したとき、入院給付金が受け取れます。※成人病で所定の手術をしたときに、手術給付金が受け取れるものもあります。

女性疾病入院特約

女性特有の病気(子宮、乳房の病気や甲状腺の障害など)で入院したときに、入院給付金が受け取れます。※女性特有の病気で所定の手術をしたときに、手術給付金が受け取れるものもあります。

ガン入院特約

ガンで入院したときに入院給付金が受け取れます。ガンで所定の手術をしたときの手術給付金や、診断給付金、死亡保険金が受け取れるものもあります。※ガンの種類によっては一部対象とならないものもありますので、「ご契約のしおり-(定款)・約款」などでよく確認する必要があります。

特定損傷特約

不慮の事故により、骨折、関節脱臼、腱の断裂の治療をしたとき、給付金が受け取れます。

上記に当てはまらない特殊な特約

介護特約

寝たきりや痴呆によって介護が必要な状態になり、その状態が一定の期間継続したときに、一時金や年金が受け取れます。※「寝たきり」と「痴呆」の両方を支払対象とするものと、「痴呆」のみを支払対象とするものとがあります。※公的介護保険の要介護認定に連動して、一時金や年金が受け取れるタイプもあります。

リビング・ニーズ特約

寝たきりや痴呆によって介護が必要な状態になり、その状態が一定の期間継続したときに、一時金や年金が受け取れます。※「寝たきり」と「痴呆」の両方を支払対象とするものと、「痴呆」のみを支払対象とするものとがあります。※公的介護保険の要介護認定に連動して、一時金や年金が受け取れるタイプもあります。

スポンサード リンク