mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

保険金に掛かる税金

保険金にに掛かる税金は3種類

支給される保険金にも税金が掛かります。掛かる税金は以下の3つ、

相続税
贈与税
所得税

のいずれかです。どの税金が適用されるかは契約者、被保険者、保険金受取人などの契約形態と、加入した保険金の種類によって決まります。

相続税の計算方法

相続税では

500万円 × 法定相続人の数

を超えた金額が課税対象となります。

例えば法定相続人が妻と子供2人の場合、500万円 × 3 = 1500万円までが非課税となります。

所得税の計算方法

所得税では

((受取保険金 - 払込保険料合計額) - 50万円) × 1/2

までが非課税の対象となります。

贈与税の計算方法

贈与税では

受取保険金 - 110万円

までが非課税の対象となります。

死亡保険金の場合

契約者被保険者受取人税金の種類
相続税
所得税
子供贈与税

満期保険金の場合

契約者被保険者受取人税金の種類
所得税
所得税
妻(子供)所得税
妻(子供)贈与税
贈与税

スポンサード リンク