mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

御供物料と服装

持参する物

法要に招かれたら、御仏前として線香やお菓子、果物、生花などの供物か、「御仏前」「御供物料」といった現金を持参します。一般的には現金を持参するのが普通です。

御供物料の金額は、故人との関係、出席者の年齢や社会的地位にもよりますが、目安は香典の半額程度と言われています。とは言っても友人知人の場合は、香典金額は5千~1万円ですから、その半額だとかなり少なくなります。法要の後は会食(お斎)があるのが普通ですから、せめてその食事代位は包むのが礼儀でしょう。大体1万円程度が一般的です。御供物料は結び切りの水引のついた不祝儀袋に、裏を表にして入れ、表書きを「御供物料」「御仏前」と書きます。香典と基本的には同じになります。

他には卒塔婆供養をする場合に「卒塔婆料」を持参します。卒塔婆供養をしたい時は、事前に施主に申し出て、料金を確認しておきましょう。法要の時に不祝儀袋か白い封筒に入れて、御供物料とは別に渡します。平均額は3千~5千円です。

神式の場合は、「玉串料」「御霊前」と印刷された神式専用の不祝儀袋を使います。

キリスト教式の場合は、現金ではなく白い菊や百合、カーネーション、淡い色の花をまとめた生花を持参します。しかし、今は食事会などが予定されている場合は、「御花料」と印刷されたキリスト教専用の袋か、白い封筒に表書きして現金を包み渡します。

出席者の服装

初七日から四十九日の忌明けまでは、略礼装が基本です。服装に関しては通夜の服装で一覧表を確認して下さい。

神式やキリスト教式の場合は、地味な色のスーツやワンピースで出席するとよいでしょう。

スポンサード リンク