mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

四十九日過ぎにする事

新盆とは

忌明けの四十九日が過ぎてから、初めて迎えるお盆を「新盆」と言います。忌明け前にお盆を迎えた時は、翌年が新盆になります。

提灯を送る

新盆では、遺族は白張提灯を購入し、親戚や友人は盆提灯を1対で贈る事が多いようです。先方の家紋を入れた盆提灯か、絵柄のついた物を新盆の一週間前までには届くように手配します。

集合住宅などで盆提灯を飾る場合は、マンション用の小さい物を贈るとよいでしょう。盆提灯を贈る習慣のない地域や、盆提灯を飾らない家もありますから、事前に確認しておきましょう。提灯を贈る習慣がない地域や、住宅事情から飾らない家には、不祝儀袋に「御提灯代」「御仏前」と表書きして、現金を包み新盆の時に持参します。

新盆に訪問出来ない時は、手紙を添えて現金書留を送りましょう。手紙には訪問出来ない旨を丁寧に書きます。

新盆の服装

地域によっては略礼装を着る所もありますが、基本的に地味な色であれば平服で構いません。

スポンサード リンク