mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

墓地の購入

永代使用権とは

一般的に墓地の購入というと、その土地を購入すると思いがちですが、実際に購入するのは「永代使用権」を購入するだけです。つまり、墓地を代々受け継ぎながら使用する権利を購入出来るだけで、土地の所有権は寺院や霊園が保有しています。このため費用の名目は「永代使用料」「墓地使用料」となっており、購入後も継続的に管理料を支払い続ける必要があります。

永代使用権は子々孫々相続する事が認められていますが、第三者に転売したり、墓地以外の目的で使用する事は禁じられています。

墓地の種類

墓地は大別すると「寺院墓地」「公営墓地」「民営墓地」などがあります。最近はお墓の無い納骨堂も増えています。

■寺院墓地
宗教法人である寺院が所有、維持管理している墓地の事で、利用者は檀家になります。管理が厚く町中にあるため、交通の便もよく利用しやすいのが特徴ですが、新たに檀家になるのが難しく、空きも少ないという問題があります。

■公営墓地
都道府県や市区町村などの自治体が管理、運営する墓地の事で、宗教宗派問わず利用でき、維持費が安いのがメリットです。しかし、希望者が多く空きが少ないというデメリットがあります。

■民営墓地
宗教法人や財団法人、民間企業などが開発、管理運営を行っている墓地の事で、申し込み資格が無く制限も少ない、数もあるというのがメリットです。デメリットは料金が他と比べて高額であったり、郊外に多く交通の便が悪い点です。

墓地は末永く利用する施設ですから、必ず情報収集し、下見をして納得した上で購入しましょう。お墓を建てる時期は、百箇日や一周忌、三回忌などを目安にする事が多いようです。墓地や石材店が決まってから墓が完成するまでは、最低でも1~2ヶ月はかかります。

お墓が完成したら、僧侶を招き「入魂式」を行います。その名の通り墓に故人の魂を入れる儀式で、入魂式は魂入れ、開眼式、建碑式(けんびしき)とも言います。

入魂式では僧侶にお礼を渡します。奉書紙に包むか白封筒に入れて、「入魂御礼」と表書きします。

スポンサード リンク