mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

墓参りの作法

墓参りの時期

墓参りは年に2回のお彼岸、お盆、命日、年忌法要、年末などに行います。寺院墓地の場合は、まずお寺の住職に挨拶し、本堂にお参りしてから行います。上記の時期は一般的なもので、これという決まりはありません。故人に報告したい事など、自分が適切と思った時期に行うのがよいでしょう。

墓参りの準備

墓参りで必要となるのは掃除用のたわし、雑巾、タオル、はさみ等を用意します。さらに供花、線香、ろうそく等を持っていきます。お供え物は必ず必要というわけではありません。故人や先祖を敬う気持ちがあれば、それで十分です。柄杓、桶、箒などはお寺で貸し出しをしている場合が多いので、持っていかなくても大丈夫ですが、事前に確認しておきましょう。

お墓を掃除する

お参りする前にお墓を掃除します。まず柄杓などで水をかけ、たわしを使い汚れや苔を落とします。汚れを浮かした後は、また水をかけて洗い流します。その後、タオル等でしっかり水気を拭き取ります。

お墓周りの雑草や落ち葉を取り除いて、箒で綺麗に掃き清めます。

お墓参りの手順

まず持ってきた花や供物、線香を供えます。線香は束にして全てに火をつけ、線香立てや墓石に立てかけて供えます。供物は故人の好物などが良いでしょう。

供え終えたら手桶に新しい水を汲んできて、一人ずつ柄杓の水を墓石に満遍なくかけていきます。順番は故人と縁の深い順に行います。水をかけたら腰を低くするかしゃがんで合掌します。墓地内に他の祖先のお墓がある場合は、古い先祖の順に拝んでいきます。

供物に果物やお菓子を供える場合は、そのままにしておくと動物に食べ散らかされるため、お参りが済んだら持ち帰ります。線香も火事の恐れがあるため、燃え切ってからお墓を離れるようにしましょう。

神式の墓参り

神道では故人の祥月命日に行う「式年祭」を中心にして、お盆や年2回のお彼岸に墓参りをします。仏式と同じように墓地を掃除し、水、洗米、塩、お神酒、故人の好物などを供えます。神式では線香はあげず、榊を花立に飾ります。

拝礼は一礼一拍手の後、二礼二拍手一礼を行います。

キリスト式の墓参り

カトリックでは、故人の命日以外では毎年11月2日の「万霊節」に行います。同日に教会でミサを行うため、墓参りの後にミサに参加します。

プロテスタントでは、召天日の追悼会に牧師を招き墓参りを行います。

スポンサード リンク