mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

法要とは?

法要の目的

法要は「法事」「追善供養」とも言い、故人の冥福を祈り、慰める目的で行われます。仏教では亡くなってから四十九日まで、現世と冥土の狭間を死者は彷徨うとされています。遺族が供養する事で、無事に極楽浄土へ昇り、成仏する事を願います。

四十九日は7日×7で7週間になりますが、この7週間を「中陰」と言います。中陰には7日毎に忌日があり、この忌日に冥福を祈って法要を行います。

初七日(しょなのか) 死後7日目
二七日(ふたなのか) 死後14日目
三七日(みなのか) 死後21日目
四七日(よなのか) 死後28日目
五七日(いつなのか) 死後35日目
六七日(むなのか) 死後42日目
七七日(なななのか) 死後49日目
百箇日(ひゃっかにち) 死後100日目

本来は、上記の忌日全てで法要を行いますが、現在では初七日、五七日、七七日以外は省略する事が多いようです。

■初七日
葬儀に区切りを付けるという意味でも、重要な法要の一つです。最近は、遠方の近親者に配慮し、葬儀当日に併せて行うケースが増えています。

■五七日
五七日も初七日と同様、身内以外も呼び手厚く法要を行います。
最近はこの五七日も省略するケースが増えているようです。

■七七日
「満中陰」「尽中陰」とも言い、中陰の中で最も重要な法要になります。所謂四十九日の法要です。近親者、友人知人なども招き、手厚く法要します。
忌明けとなるため仏壇の扉を開け、神棚に貼っていた紙を剥がし、香典返しの品を贈ります。当日に行っている場合は必要ありません。

■百箇日
以前は七七日と同等の大きな規模で法要を行いましたが、最近は身内だけで簡単に済ませるケースが多くなりました。偲ぶ会などの会も、この百箇日に行うのが多いようです。

年忌法要と月忌法要

個人が亡くなった同月同日を祥月命日と言い、祥月命日に行う法要を「年忌法要」と言います。死亡後の翌年、最初に行う年忌法要を一周忌と言い、それ以後三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と進み、三十三回忌で弔い上げします。

さらに、個人の亡くなった命日に当たる毎月の日を「月忌(がっき)」と言います。本来は月忌にも僧侶を呼び読経してもらいますが、現在ではほとんど行われなくなりました。

お布施の金額

初七日~六七日は1万円、僧侶一名につきお車代5千~1万円。それ以外の一般法要(七七日、一周忌、三回忌など)は3~5万円、僧侶一名につきお車代5千~1万円が相場のようです。大抵は主な法要である七七日(四十九日)、一周忌、三回忌などに僧侶を呼び、それ以外は省略するケースが多いです。

最近では初七日を葬儀と一緒に行う「付七日」も多く、この場合は葬儀当日に渡したお布施に、初七日分が含まれています。

これら以外に「塔婆供養(とうばくよう)」をする場合は、お布施に別途「塔婆料」を包みます。大体3千~5千円が相場のようです。浄土真宗では塔婆供養は行いません。

神式の法要

神式では仏式の法要にあたる行事を「霊祭」と言います。霊祭には種類があり、葬儀翌日に行うのを「翌日祭」、その後「十日祭」「二十日祭」「三十日祭」「五十日祭」と続き、死亡日から10日毎に霊祭を行います。これを「毎十祭」と呼びます。現在は二十日祭と四十日祭は省略される事が多くなっています。

毎十祭の多くは個人の好物を墓前に供え、身内で拝礼する程度ですが、五十日祭では親族、友人知人、神官を呼び、献饌、祝詞奏上、玉串奉奠などを行います。五十日祭の後は百日祭があり、これも親族、友人、神官を呼び行います。

百日祭の後は、「式年祭」と呼ばれる霊祭を行います。亡くなってから一年目の一年祭、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続き、五十年祭までは10年単位で行い、それ以後は100年毎に行われます。行事が行われるのは五十年祭までです。霊祭は墓前祭とも言われ、基本的にはお墓の前で行うのが正式なやり方です。

キリスト教式の法要

キリスト教では特に決まりはありません。死亡日から3日目、7日目、30日目などに教会でミサを行う事が多いようです。ミサでは遺族、近親者、友人知人が集まり、聖歌斉唱、祈祷、神父による説教が行われます。

カトリックでは、11月は死者の月とされ、ミサや墓参りを行います。特に11月2日(日曜なら3日)は、「万霊節(オールソールズディ)」と呼ばれ、教会で死者のために特別なミサを行います。さらに、「聖母の被昇天の日」とされる8月15日にも、お墓参りをする事があります。

プロテスタントでは、特に決められた儀式はありません。死亡日から1ヶ月や1年目などと遺族が任意に召天日を決めて、記念の集いを行う事が多いようです。賛美歌合唱、牧師の説教などを行います。

スポンサード リンク