mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆とは?

お盆の意味

お盆とは、7月13日から16日までの期間を指し、この期間に先祖の霊が戻って来ると言われ、その霊を供養する期間です。現在は月遅れの8月に行うのが一般的です。

お盆を迎えるにあたり、仏壇を掃除し、前日には精霊棚(しょうりょうだな)を設けます。新盆は普段の盆よりも丁寧な供養を行い、お盆を四十九日の忌明け前に迎えた場合は、新盆の供養は翌年に行います。

仏教には盂蘭盆会(うらぼんえ)と呼ばれる行事があります。釈迦の高弟である目連が、亡く母が餓鬼道に落ち逆さづりにされ苦しんでいると知りました。目連は母を救うため、釈迦の教えに従い7月15日に10万の僧侶に食物を施し、供養する事によって救う事が出来たという言い伝えによるものです。

お盆は日本古来の先祖の霊が帰るという言い伝えと、仏教の盂蘭盆会が混ざり今の形になったものです。

精霊棚の設置

精霊棚には初物の果物や野菜、お菓子、花、故人の好物などを供えます。地方により若干の違いがあります。さらに、茄子で牛、キュウリで馬を作り先祖の霊が帰る乗り物を供えます。来る時にキュウリの馬で早く訪れ、帰る時は茄子の牛でゆっくりあの世へ向かうという意味があります。

お盆の期間中は「霊供膳(りょうぐぜん)」といって、朝昼晩に家族と同じ食事を供えます。

精霊棚の図

迎え火と送り火

13日夜は先祖が迷わないよう、玄関先などに迎え火を焚き、16日の夕方には迎え火と同じ場所に送り火を焚き、先祖の霊を送ります。昔は墓で火をつけた線香や、焚いた迎え火でつけたロウソクを家まで持ち帰っていました。今では家の前で苧殻(おがら)を焚くか、玄関に盆提灯を下げて迎え火として代用する事も多いです。

新盆とは

最初に迎えるお盆を「新盆」と言い、故人が最初に帰って来る日として、親族や友人などを呼び盛大に行います。

新盆で使用する盆提灯は通年のお盆とは違い、白張りの提灯を使用します。この提灯を使うのは新盆のみですので、お盆が終わったら寺院に納めたり、次回の迎え火の時に燃やします。また、新盆では提灯を親族に贈る習慣もあり、現在ではその代わりに「提灯代」として現金を渡す事が多いようです。

スポンサード リンク