mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓の種類

最近のお墓事情

昔はお墓と言えば長方形の石というのが当たり前でしたが、現在では様々なバラエティに富んだ墓石が存在し、オーダーメイドのオリジナル墓を作る事も出来ます。

子々孫々受け継いでいくお墓を「累代墓」と言い、個人が自分のために建てる墓を「個人墓」、寺院などが永代に渡り管理する墓を「永代供養墓」と言います。

納骨堂とは

墓地は当然一定の広さの土地が必要になります。しかし日本は土地の狭い国であり、特に都市部は土地不足が深刻な問題になっています。こうした土地不足の解消と、低価格で遺骨の保管施設を求める人達の需要に応えるために、「納骨堂」という施設が増えてきました。

納骨堂は遺骨を納める施設で、お墓とは違い屋内型の施設です。色々な形式がありますが、基本的にはコインロッカーのようなロッカー型が主流です。元々は墓地に埋葬するまで、一時期間遺骨を預けておく施設でしたが、最近は永代供養墓として造られています。納骨堂にも公営と民営のものがあります。

お墓を守る跡継ぎがいなくなったら?

自分達が死に埋葬された後、そのお墓を継承する人がいない場合はどうなるのでしょう。これらのお墓は「永代供養」を依頼しておけば安心です。

永代供養とは、寺院や霊園がお墓の供養、管理を永代にわたり行ってくれ、お墓を継ぐ人がいない人、何かの事情のある人が永代供養墓に入る事が多く、通常は三十三回忌まで供養してもらえます。大勢の人が一緒に入るため、共同墓、合祀墓、合同墓などとも呼ばれます。

永代供養料は寺院や霊園により異なり、10万~100万円とかなり開きがあります。

お墓の改装

複数あるお墓を一つにまとめる場合や、遺骨を他のお墓に移す場合には改装許可が必要になります。

お墓が寺院墓地にある場合には、お寺の住職に改装許可を取りますが、改装はすなわち檀家を離れる事を意味するため、住職の中には改装を快く思わなかったり、拒絶したりする人もいるようです。これはよくあるトラブルのため、改装許可をもらう場合は慎重に交渉しましょう。

改装許可をもらったら、御魂抜きの儀式(閉眼法要)を行い、その後、石材店にお墓の解体を依頼します。

スポンサード リンク