mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸とは?

お彼岸の意味

お彼岸は彼岸会(ひがんえ)とも言い、3月の春分の日と9月の秋分の日を中心として、それぞれ春分の日をはさんで前後3日合計7日間、秋分の日をはさんで前後3日合計7日間を指します。前者を「春のお彼岸」、後者を「秋のお彼岸」と呼びます。お彼岸の初日を彼岸の入り、真ん中の日を中日、最後の日を彼岸の明けと言います。

お彼岸には決まった行事はありませんが、一般的には中日からその前後に家族で墓参りする事が多いようです。季節に合わせてお団子やぼた餅、おはぎなどを作って仏壇に供え、先祖を供養します。おはぎとぼた餅は基本的に同じ物で、春に食べる物をぼた餅、秋に食べる物をおはぎと呼びます。

彼岸は梵語の「六波羅蜜」が漢訳された言葉で、向こう側を意味します。向こう側とは迷いのない悟りの境地を意味し、此岸(しがん:生死を繰り返す迷いのこの世界)から彼岸に到るための仏道修行を「到彼岸」といいます。このような仏教的考えが日本に伝来し、この時期に農耕の安全を祈願する行事が行われていた日本の習俗と交わる事で、現在の先祖を祀り、供養、墓参りなどを行う形に変化したと言われています。そのためインドや中国ではこのような行事は存在しません。

初彼岸

初めてのお彼岸を「初彼岸」と言います。初彼岸は特に丁寧に供養しますが、新盆とは違い、家族などごく近しい人達だけで行います。仏壇を掃除し、毎日水と花を取り替えます。中日には彼岸だんごを供え、線香を焚きます。僧侶を招き読経して頂いた場合には、「お布施」と「お車代」を包みます。

スポンサード リンク