mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

医療保険における福利厚生

福利厚生の保障を理解しよう

会社員や公務員などは福利厚生によって、高額療養費制度で減額された医療費がさらに減ります。

福利厚生の中身は当然会社毎に違い、「付加給付(1ヶ月の医療費自己負担の限度額の設定)」「入院お見舞い金の支給」「差額ベッド代の一部負担」など多岐にわたります。保険加入を考える場合は、必ずいざ高額医療費が掛かる事態になった時、自分にはどういった会社からの保障が得られるのかしっかり知っておかなければなりません。

内容を家訓するには健康保険組合のしおりを読んだり、「会社名 福利厚生」「組合名 付加給付」等でインターネット検索をすると良いでしょう。

会社によっては「1ヶ月の自己負担額が2万円を超えると超えた部分については全額払い戻し」などといった場合もあり、この程度の医療費で済むのなら医療保険は全く必要無いと言えるでしょう。

スポンサード リンク