mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)とは?

NISAの基本

NISAはイギリスで始まった「ISA(個人貯蓄口座)」を参考にした新制度で、日本版ISAと呼ばれていたものです。そこにNがついてNISA(ニーサ)となりました。

NISAは株式や投資信託などの譲渡益や配当を、毎年100万円を上限とする新規購入分を対象に最長5年間、非課税にする制度です。2014年1月から開始され、取引口座はNISA専用の口座を新規開設する必要があります。

もし、100万円分の株式が150万円になり売却した場合、本来50×0.2=10万円(2014年から20%に戻る)の税金が引かれますが、これが無くなるのです。

制度を利用可能な者 20歳以上の居住者等
非課税対象 上場株式等・公募株式投信の配当・譲渡益
保有株式の扱い 対象外。新規購入した上場株式・投資信託のみであり、他の口座からの移管は不可
非課税投資額 毎年、新規投資額で100万円を上限(ロールオーバーも可能)
投資可能期間 10年間(平成26年~平成35年)
非課税期間 投資した年から最長5年間
途中売却 自由(ただし、売却部分の枠は再利用不可)
損益通算 特定口座等で生じた配当・譲渡益との損益通算は不可
口座開設数 一人一口座


より詳しく知りたい方は、

新しい投資優遇制度「NISA(ニーサ)」がスタート!将来に向けた資産形成を考えるきっかけに:政府広報オンライン
金融庁「NISAの拡充について」[PDF]

をご覧下さい。

NISAは一人一口座しか作れない

現在、NISA用口座は一人一口座と決まっています。これは証券会社毎に一つではなく、一個人につき一口座、つまり、どこかでNISA用口座を開くと、他の証券会社で口座を開く事が出来なくなるという事です。

証券会社によって売買手数料などが違いますから、しっかり確認した上でどこで口座開設するか決めましょう。

さらに、4年間は他の証券会社に乗り換える事も出来なくなります。

運用がマイナスになると損になる

損益通算が不可、損失の繰越控除が不可と言う事は、運用で損失を出した時の救済措置が活用出来ないという事です。

さらに、イギリスのISAは恒久的な制度ですが、NISAは最長5年間しか使えない制度です。5年間が終了するとその時の価格が取得価格になります。

例えば100万円投資し、非課税期間終了後に株が80万円になっていれば、80万円で株を取得した事になります。課税口座に株を移し、その後、株が100万円に値上がりすると、本来は損得が無いにも関わらず、取得価格80万円との差額20万円が利益と見なされ、4万円が課税されます。

NISAは全てのケースで得をする制度ではないという事です。

NISA口座開設には住民票の写しが必要

通常の取引口座の開設は、保険証や運転免許証のコピーなどが利用可能です。しかし、NISA口座は「住民票の写し」が必要であり、役所に取りに行かなければなりません。

スポンサード リンク