mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

証券会社と口座開設

ネット証券を使うのがお勧め

株は証券会社を通じて購入する事ができ、証券会社に口座を作らなければなりません。証券会社の窓口や電話によっても売買出来ますが、今から始めるのなら断然ネット証券が良いでしょう。ネット注文のメリットは

○手数料が安い
○注文が手軽(PCから注文出来る、24時間行える等)
○会社によっては無料で四季報の情報や、売買ソフトを利用出来る

等があります。
時間の縛られる一般人トレーダーには最適のサービスでしょう。口座開設自体は無料なので、いくつかのネット証券で開設してみて、使い易い所を探すのが良いでしょう。

ネット証券一覧

個人的に最もお勧めするのはSBI証券です。手数料が非常に安い、取り扱っている商品が豊富、ハイパーイートレードという投資ツールを 無料で使う条件がそこそこ低い、等が理由です。次点が楽天証券でしょうか、ここは提供している投資ツールのマーケットスピードがとても 人気があります。手数料も安い方でしょう。

色々な所を試してみる事をお勧めします。

マネックス証券
SBI証券
楽天証券
オリックス証券
カブドットコム証券

口座開設のやり方

まずネット証券のWebサイトを開きます。すると大概「口座開設」などと書かれた大きなバナーがあり、そこから口座開設申込書を郵送して 貰う事になります。送られてきた申込書に必要事項を記入、捺印し、運転免許証のコピーなど本人確認出来る物を返送します。

およそ1~2週間で 口座が開設され、証券会社から株取引を行うのに必要なユーザIDやパスワードなどが記載された書類が送られてきます。

源泉徴収とは

株は利益が出るとその利益の10%の税金を納めなければなりません。源泉徴収ありというのは株の売買で利益が出た場合、その都度利益から10%の税金を証券会社が 徴収してくれる事を言います。

申込書には源泉徴収ありと源泉徴収なしを選択する項目があり、なしを選択した場合は売買で発生した税金は自分で 確定申告しなければならなくなります。ほとんどの方は手軽な「源泉徴収あり」がいいでしょう。時間の無い人や確定申告等の手続きになれていないなら 源泉徴収ありを選びましょう。

源泉徴収なしのメリット

サラリーマンの場合、給与所得以外の収入が20万円以下なら、そのお金には所得税が掛からず免除されるという特例があります。

この特例を活用したいなら源泉徴収なしを選択しなければなりません。源泉徴収ありにすると給与所得以外の収入、つまり株式売買の利益が20万円以下の場合でも、 特例を理由に源泉徴収されたお金を返還して貰う事は不可能だからです。

スポンサード リンク