mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

単元株数とは?

株はセット売りが基本

単元株とは株を売買する時の売買単位の事です。株は全ての銘柄が1株単位で買えるわけではありません。株にはそれぞれ売買出来る 単位である単元株数が設定されており、その単位ごとにしか売買は出来ないのです。

例えばA社の株が120円で単元株が100株の場合、最低でも120 × 100 = 12000円(手数料含めず)が必要になるという事です。さらにもっと 買い足そうと思ったら、200、300と100株単位で買わなければなりません。単元株が100の銘柄を101などの数で買う事は出来ないのです。

単元株数は企業が決め、1株の物もあれば100株1000株の物と色々です。単元株は購入最低代金を決めるものなので、銘柄選びをする上で重要な要素 となります。

スポンサード リンク