mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルデータ通信は固定回線の代わりになるか?

固定回線とモバイル通信の違い

モバイルデータ通信と固定回線の違い

通信には固定回線とモバイル通信があります。

固定回線は、電柱などから自宅まで直接回線を引き込みモデムに接続する通信方法です。NTT光、フレッツADSL(電話回線を利用)等が該当します。

モバイル通信は、無線方式でインターネットに接続します。パソコンと接続端末(モバイルルーター)が通信を行い、接続端末が周辺基地局に無線アクセスすることでインターネットに繋ぎます。

固定回線は有線ですから、無線のモバイル通信と比べ通信が安定します。しかし、昨今のモバイル通信は質が向上し、安定した通信が可能になっています。

さらに、通信速度、量共に向上し、ものによってはADSLを超えるデータ通信が可能です。

固定回線は工事が必要です。業者の時間に合わせて自宅にいる必要があったり、女性であれば部屋の中に業者が入る事自体ストレスに感じます。その点、モバイル通信は面倒な設定や回線工事が不要。モバイルルーターが届けば簡単な設定ですぐにネットを利用できます。

モバイル通信の特徴

モバイル通信の特徴の画像

モバイル通信の特徴として以下が挙げられます。

■メリット
・固定回線と違い回線工事不要
・ルーターさえ持っていればどこでもインターネット通信可能
・料金が安い

■デメリット
・通信が途切れることがある
・対応エリア内でしか使えない

モバイル通信の代表格WiMAXとは?

uq wimaxのページ画像

WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは無線通信技術の規格のひとつ。しかし、現在はUQコミュニケーションズのモバイル通信サービス「UQ WiMAX」を指すことが多い。

WiMAXは、携帯電話のように提供エリア内であればどこでも使えます。しかし、携帯電話が使用する回線ではなく、データ通信専用の回線(モバイルWiMAX)を使用して通信します。

日本ではUQコミュニケーションズがWiMAXを提供し、さらに自前で通信サービス「UQ WiMAX」も提供しています。プランは従来のWiMAXとWiMAX2+の2つがあります。

UQコミュニケーションズは回線を他のプロバイダにもレンタルしています。そのため、ネット上には無数のプロバイダがWiMAXと名のつくサービスを展開していますが、どれもUQコミュニケーションズの回線を使っていることに違いはありません。

UQ WiMAX
GMOとくとくBB
BIGLOBE WiMAX 2+
@nifty WiMAX

どの事業者も料金体系が似通っているのは、同じインフラを使い差別化しにくいからです。それでもキャンペーンでiPadプレゼントやキャッシュバックで差別化を図っています。

最も安心感があるのは、やはり本家本元UQコミュニケーションズのUQ WiMAXでしょう。キャンペーンはパッとしませんが「UQwi-fi」が無料で利用可能です。UQwi-fiは新幹線車内や空港などで利用できる公衆無線LANサービスです。UQwi-fiはUQ WiMAXでのみ利用可能です。

WiMAXを無料でお試しできるtry WiMAX

try wimaxのページ画像

「try WiMAX」はUQコミュニケーションズが機器を貸し出し、15日間無料でWiMAXを体験できるサービスです。自分の住んでいるエリアで使えるかどうか事前にチェックできます。

Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

WiMAXとWiMAX2+の違い

wimax1とwimax2+の違いを表した画像

現在、UQコミュニケーションズは「WiMAX」と「WiMAX2+」を提供しています。WiMAX2+は次世代機各で大幅に高速化しました。WiMAX2+の提供に伴い従来のWiMAXは2014年8月に新規契約を終了。従来ユーザーも2015年から低速化されており、今はWiMAX2+しか選択肢はありません。

WiMAXの通信速度は下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbps。WiMAX2+の通信速度は下り最大110Mbps、上り最大10Mbps。さらに2015年から始まった「ヤ倍速」では、下り最大220Mbpsで通信可能になりました。

ヤ倍速は「CA(キャリアアグリゲーション)」(複数のLTE搬送波を同時に使用する通信技術)と、「4x4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)」(アンテナを4本搭載し、同時通信する技術)によって高速通信を可能にしました。

220Mbpsもの速度が出れば光回線も不要でしょう。このヤ倍速は対応するモバイルルーターを使用しなければなりません。

・Speed Wi-Fi NEXT W01(キャリアアグリゲーション対応)
・Speed Wi-Fi NEXT WX01(4x4MIMO対応)

WiMAX2+の拡大で従来のWiMAXは下り最大40Mbpsでしたが、CA対応地域から下り最大13.3Mbpsに変更されています。

WiMAXの通信モード

WiMAXには3つの通信モードがあります。
ノーリミットモード 速度制限無しのWiMAXのみ利用可能
ハイスピードモード 従来のWiMAXとWiMAX2+どちらかに接続
ハイスピードプラスエリアモード WiMAX2+とau 4G LTEどちらかに接続


au 4G LTEとはオプション料金を支払うことで使用できるサービス(使用月のみで1,000円程度)。WiMAX2+の電波が入らないエリアでも高速通信可能。下り最大75Mbps、上り最大25Mbps。

3つの通信モードはルーターの設定で選択できますが、機種によっては対応していないモードがあったりするので注意しましょう。

WiMAX2+の料金プラン

wimax2+の料金プランを表した画像

■WiMAX2+の料金プラン

・Flat ツープラス ギガ放題
月間データ量無制限。
契約から最大25ヶ月間は4,380円。25ヶ月を過ぎると4,880円。尚、契約から最大3ヶ月間は割引適用で3,696円。

・Flat ツープラス
月間7GB制限。
契約から最大25ヶ月間は3,696円。25ヶ月を過ぎると4,196円。

※WiMAX2+は基本2年縛りで、どちらのプランもノーマルモードとハイスピードモードを使える。

WiMAXのルーターはどれを選べばいいの?

WiMAXのモバイルルーター選び

・WX01
2015年3月5日発売。4×4MIMO対応(WiMAX2+で220Mbpsの通信が可能)。WiMAX2+とWiMAXに対応し、WiMAX2+とWiMAXは電波を自動選択し通信します。ノーリミットモードに固定する機能はありませんが、WiMAXで接続中は制限を受けません。
対応モード
ハイスピードモード

・W01
2015年1月30日発売。CA対応(WiMAX2+で220Mbpsの通信が可能)。WiMAX通信不可。
対応モード
ハイスピードモード(220MbpsのWiMAX2+)
ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)

・HWD15
2014年8月1日発売。
対応モード
ハイスピードモード(110MbpsのWiMAX2+)
ノーリミットモード(WiMAXハイパワー対応)
ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)

・NAD11
2014年6月20日発売。
対応モード
ハイスピードモード(110MbpsのWiMAX2+)
ノーリミットモード(WiMAXハイパワー対応)

au 4G LTEが使いたい人は「W01」、それ以外の人は「WX01」でよいでしょう。任意で切り替えられませんが従来のWiMAXにも対応しています。

他のモバイルデータ通信サービスとMVNO

WiMAX以外のモバイルデータ通信とMVNO

MNOは自前で回線(インフラ)を構築している事業者(docomo、au、ソフトバンク等、大手ケータイキャリア)です。MVNOはMNOの回線をレンタルし独自サービスを展開する事業者です。

MVNOにはドコモ回線を利用してモバイル通信を提供するところもあれば、UQコミュニケーションズのWiMAX回線を利用しモバイル通信を提供するところもあります。

MVNOのメリットは安さです。WiMAX系のMVNOは上記で紹介しましたので、ここでは自宅用に使えそうな非WiMAX系のMVNOのモバイルデータ通信サービスを紹介します。

ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEは「音声通話付きSIM」と「データ専用SIM」プランがあり、さらに「定額無制限」と「定額(7GB)」プランがあります。

音声通話付きは携帯電話番号が付与または移行できます。ドコモ回線(LTE)を使用しているため都心、地方問わず繋がる。

ぷららモバイルLTE

■音声通話付きSIM

・定額無制限
月額   3,736円
通信速度 3Mbps
通信量  制限なし

・定額(7GB)
月額   2,792円
通信速度 150Mbps
通信量  1ヶ月あたり7GB

■データ専用SIM

・定額無制限
月額   2,980円
通信速度 3Mbps
通信量  制限なし

・定額(7GB)
月額   2,036円
通信速度 150Mbps
通信量  1日あたり制限なし/1ヶ月あたり7GB(超えると200Kbps)

無制限プランの通信速度が3Mbps(当然理論値なので実際はもっと低い)ですから、ブログやテキストサイトなら問題ないでしょうが、YouTubeやニコニコ動画など動画サイトをよく利用する方は非力かもしれません。

モバイルルーターは自分で用意します。「Aterm MR03LN」あたりが良いようです。ぷららモバイルLTEはドコモ回線を使用しており、ドコモが販売するモバイルルーターなら問題なく使えるでしょう。

しかし、ドコモとの回線契約無しでモバイルルーターを入手するのは難しい。単体入手は白ロム(中古)購入になります。2015年の相場は実売15,000円程度(参考じゃんぱら)。

ライトユーザーであれば自宅使いも可能です。「ぷららモバイルLTE定額無制限プランを4ヶ月使った感想」に詳しいレビューがか書かれています。

U-mobile

上記「ぷららモバイルLTE」と比較するため、回線契約のみの「SIM単体プラン」と比較します。

U-mobile

・音声通話付きSIM
1ヶ月あたり3GB制限 1,580円
1ヶ月あたり5GB制限 1,980円
LTE使い放題     2,980円
LTE使い放題2    2,730円
ダブルフィックス   通信量1GB以下 1,480円
           通信量3GB以下 1,780円

・データ専用SIM
1ヶ月あたり1GB制限 790円
1ヶ月あたり5GB制限 1,480円
LTE使い放題     2,480円
ダブルフィックス   通信量1GB以下 680円
           通信量1GB超  900円

ぷららモバイルLTEと似たり寄ったりですが、ネットの声を読むと突然規制がかかるというものが多い。その点、ぷららモバイルLTEは本当に規制が無い(今のところ)ようです。

全体的にはぷららモバイルLTEが好評です。U-mobileは理論値最高速度150Mbpsを謳っていますが、実際は1Mbpsを切ることがほとんど。色々なレビューでも速度はぷららモバイルLTEに比べU-mobileは遅くぷららの方がいいでしょう。

固定回線の代わりになるか?

モバイルデータ通信は固定回線の代わりになるかどうか

固定回線からモバイル通信に変えたい人は、ADSL乗り換え組が多いでしょう。現状ADSLの代替になるのはWiMAXのみ。家でのネット利用はのびのび大容量をやりとりする方が多いでしょうし、制限付きはデータ量が気になりストレスが溜まる。

無制限プランはどこも実用で3Mbps出ないものがほとんどですが(ぷららモバイルLTEで平均1Mbps)、ライトユーザーならこれでも大丈夫でしょう。

WiMAX2+の問題は対応エリアが少なすぎる点ですが、従来のWiMAXエリア内であればノーリミットモードで使うことも可能。後は時が解決するの待つしかなさそうです。

スポンサード リンク