mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリーとMVNO超解説

SIMロック解除とは?

SIMカードとは、携帯電話の番号などの契約者情報が記録された小型のICカードです。携帯電話会社の回線を使って通話したり、データ通信するために必要になります。

例えば契約会社(キャリア)が同じなら、AのスマホからSIMカードを抜いてBのスマホに刺し電話すると、Aの番号で繋がります。SIMカードは契約回線ごとに携帯会社から割り振られますが、別の端末にカードを刺し使える仕組みになっています。

しかし、同じキャリアなら簡単に差し替え出来ますが、実際は各社が顧客を囲い込むため、ライバル会社の端末にカードを挿しても機能しないよう鍵を掛けています。これが「SIMロック」です。これを解除しようというのがSIMロック解除というわけです。

総務省はキャリアに対し、SIMロックは解除するのが好ましいと以前指針を出したのですが広がらず、2015年からSIMロック解除が義務化される流れになりました。今後は希望する利用者にはロックを外す義務がキャリアに課せられます。

SIMロックが解除されると、例えばドコモの利用者がソフトバンクに契約を乗り換えても、何万円もする新しい携帯端末を購入する必要は無く、海外に行った時も現地でSIMカードを買い差し替えれば使う事が出来ます。

総務省の狙いとしては利用者がキャリアを変えやすくなり、競争が進む事で月々の料金の引き下げに繋げたいのです。大手から回線を借りて格安でサービスを提供するMVNOには大きな追い風になりますし、料金が下がるのは利用者にとって大きなメリットです。

デメリットとしては、囲い込みが出来なくなったキャリアが端末の販売価格を値上がりする点、消費者が一つの端末を長く使用する事で新製品の販売が落ち込むのではという点が指摘されています。

SIMフリーと白ロムの違い

SIMフリーと白ロムは別物です。SIMフリーは他キャリアのSIMを使い、他キャリアの回線(端末の対応する通信方式と周波数)を利用出来る状態にしたスマホです。白ロムは電話番号登録されていない(大抵SIMカード自体入っていない)端末で、SIMフリーもあればSIMロックされている物もあります。

SIMロックがかかった白ロム端末で、好きなキャリアと契約するならSIMロック解除しなければなりません。解除には数千円の料金がかかります。日本の場合、白ロム表記で売られている端末は大抵SIMロックがかかっています。

MVNOで月額料金を安く抑える

MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)とは、ドコモやauなどの通信キャリアの設備を借りて、サービスだけを提供している会社です。そのため、通信品質は一般のキャリアと変わりません。

MVNOの提供するサービスは低価格なのが特徴です。全ての人が朝から晩まで大容量通信を行うわけではありません。出先でネットは使わない、通話のみで構わない、その分価格を安くしてほしいというニーズにマッチしたサービスです。

多くのMVNOの最安プランは980円程度の速度制限有りサービスです。通話可能、ネットはテキストサイト程度なら十分というレベルです。これと後述する050番号のIP電話を組み合わせると、スマホ運用の月額が980~1,300円程度になります。

例えばMVNOの代表格IIJmioの「ミニマムスタートプラン」なら、

・初期費用 3,150円
・月額 972円
・月の高速通信通信量 1GB
・制限時の通信速度 200kbps
・通信規制対象となるデータ量 3日あたり366MB
・SMSオプション ○(月147円)

となっています。要約すると月972円(初期費用は別)払えば、LTEで1GB通信でき、ひと月で1GBを超えたり、3日で366MBを超えたりすると、200kbpsの低速通信になるプランです。通話出来ればいい、たまに調べ物でネット検索出来ればいいという人には十分でしょう。

契約すると、MVNOからSIMカードが送付され、それをスマホに差して利用します。

プランはデータ通信のみ、音声通話付きプラン(090/080番号が使える)、SMS対応など種類があります。

APNの設定

MVNOのSIMを使うには、APN(Access Point Name)の設定が必要です。機種によりやり方や名称が異なるため一概に説明出来ません。汎用的に説明すると「ANPの設定画面を開き、指定された情報を入力する」という事です。

MVNOとIP電話(無料通話アプリ)

IP電話とMVNOを組み合わせ格安運用出来ます。無料通話アプリには050から始まる電話番号が付与される「050番号付与型」、付与されない「非050番号付与型」があります。

050番号付与型のメリットは固定電話やガラケーにもかけられます。非050番号付与型は相手も同じアプリをインストールしている必要があります(つまりスマホ)。

多くのIP電話のメリットとデメリットを挙げると、
メリット
・通話料が安い
・同じIP電話サービス同士なら通話料は無料
・大抵のIP電話は留守番電話機能付き
デメリット
・通話品質に難がある
・緊急番号(110/119)、フリーダイヤルにかけられない

などです。

050番号付与型では以下が代表的なサービスです。

050plus
NTTが展開する月額324円の有料サービス。
携帯電話=1分16.8円
固定電話=1分2.8円(3分課金で8.4円)
※国際電話も上記と同じ料金です。

SMARTalk(スマートーク)
フュージョン・コミュニケーションズが展開する月額基本料無料のIP電話サービス。050plusと比較して通話料が高い、180秒通話すると料金差は6倍になる。
携帯電話=1分16.8円(30秒課金で8.4円) 固定電話=1分16.8円(30秒課金で8.4円) 国際電話=1分16円(30秒課金で8円)

LaLaCall
ケイ・オプティコムが展開する月額105円の有料サービス。eo光電話との通話なら通話料無料、MVNOのmineo利用者であれば基本料無料、LINEのようなチャット、画像やりとりが行える。
携帯電話=1分18.9円
固定電話=1分2.8円(3分課金で8.4円)
国際電話(アメリカ)=1分6円

非050番号付与型は以下が代表的なサービスです。

LINE
日本で最も人気の高い無料通話アプリ。単純な通話だけでなく、チャットやスタンプなどコミュニケーションに力を入れている。説明は不要かもしれません。ちなみにLINEはLINE電話という050番号付与型サービスも展開しています。

comm
DeNAが展開する無料通話アプリ。2013年6月に事業の大幅縮小を決定したため、サービスそのものは継続していますが今後の展望は暗い。

050番号付与型でも非050番号付与型でもない変わり種が「楽天でんわ」です。

楽天でんわ
楽天が展開する基本料無料の無料通話アプリ。楽天でんわは050番号は付与されないが、固定電話やガラケーに通話可能というサービスで、今まで使用していた090/080番号をそのまま使い安くします。

すでに携帯の契約をしており、番号はそのままで通話料を安くしたい人向けです。通話は電話回線を使うため、IP電話と違い高品質の通話が出来ます。

デメリットは各キャリアの無料通話オプションが無効になる点です。そのため無料通話リスト機能があり、登録しておけば楽天でんわ最大の特徴、「0037-68-」を頭につけて発信が無効になります。
初期費用/月額基本料:0円
国内通話:10円/30秒(税別)
国際通話:10円/30秒(非課税)

090が使えるMVNO

かつてMVNOは音声通話(090/080の番号が使えない)が出来ず、050で始まるIP電話で補っていました。しかし、050番号は見慣れないしどこか格下の印象を与え、通話品質にも難があり評判が芳しくありませんでした。結果、MVNOに乗り換える障害になっていたのです。

最近はMVNOの格安SIMでも、一般的な090/080番号が使える「音声通話付きプラン」が出てきたのです。

IIJmio
MVNOの代名詞的存在。ドコモ系MVNO、「みおふぉん」、料金1728円~。
BIGLOBE
老舗プロバイダBIGLOBEの音声通話SIMです。ドコモ系MVNO、「音声通話SIM」、料金1728円~。
U-mobile
ドコモ系MVNO、「U-mobile 通話プラス」、料金1706円~。
mineo
めずらしいau回線を使ったMVNO。au系MVNO、「デュアルタイプ」、料金1717円~。
So-net
ドコモ系MVNO、「+Talk S2」、料金2041円~。

代表的なのはこの辺りでしょう。およそ1700円前後、費用は全て税込みです。

SIMロックがかかっていてもMVNOは使える

勘違いされやすいのですが、SIMロックがかかっていてもMVNOは使えます。MVNOは大手キャリアの回線を利用しており、利用したいMVNOの回線が現在利用中の大手キャリアの回線であれば、MVNOのSIMカードを入れるだけでロックがかかっていても使えるのです。

ほとんどのMVNOはドコモ回線を借りて事業展開しています。そのためドコモ端末は最もMVNOを活用しやすい端末です。ドコモ以外の回線を借り事業展開しているMVNOと契約するのなら、SIMロックを解除しなければなりません。

au携帯はMVNOが使えなかった

auは回線の通信方式(CDMA2000方式)が特殊であり、ドコモ回線(W-CDMA方式)にも対応したau端末(海外仕様など)でない限りMVNOを使えませんでした。しかし、2014年3月にau回線を借りたmineo(マイネオ)というMVNOが登場した事で、au端末もMVNOを使えるようになりました。

勿論、SIMロックがかかっていてもau端末ならそのままmineoを利用出来ます。

ソフトバンク携帯はほとんどMVNOが使えない

ソフトバンク回線はドコモと同じ通信方式のため、原理的には数あるMVNOのほとんどが利用可能です。しかし、ソフトバンクは端末自体にロックをかけており利用出来ないのが現状です。

一部端末はSIMロック解除対象になっていますが、ほとんどは不可能です。2015年から原則SIMロック解除になり、今後ソフトバンク携帯もMVNOを利用可能になるでしょう。

白ロム、黒ロム、赤ロムの違い

かつて登録者情報は端末自体に記録されていました。その情報が無い、消去した真っ白な状態という意味で白ロムと呼ばれました。現在はSIMカード方式ですから本来の意味は失われ、上記の通り、電話番号登録されていない端末、SIMカードが無い端末を指すようになっています。

黒ロムは、電話番号登録されている端末です。白ロムの対比としての表現であり、みんなが使用している携帯は全て黒ロムと言えます。

赤ロムは、キャリアと契約する際、端末を分割購入し、まだ残債がある状態で売られている端末です。以前の契約者が支払いを滞らせると、キャリアが端末にロックをかけ使用不可となります。

ネットオークションで見かける判定○とは?

ネットオークションに出品されているスマホの説明文に、判定○や△と書かれているものがあります。これはネットワーク利用制限の事で○は残債無し、△は残債有り、×は使えないという意味です。

赤ロムかどうか調べるには?

端末が赤ロムかどうか調べるには、まず製造番号を確認します。中古携帯サイトで表記されていたりします。各キャリアは判定サイトを設けています。

ドコモ
ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
au
ネットワーク利用制限携帯電話機照会
ソフトバンク
中古携帯電話を利用する際の注意事項を確認する / ネットワーク利用制限

白ロムスマホ販売サイト

白ロムスマホを販売するサイトは無数にありますが、代表的な所を紹介します。

ソフマップ
じゃんぱら
イオシス
ケータイ☆アウトレット
エイヤー
ダイワンテレコム

ソフマップとじゃんぱらは老舗PCショップであり、実店舗を構える安心感がある会社です。エイヤーとダイワンテレコムは、ネットの評判を見る限り保証や対応が充実しており高評価です。

じゃんぱらはじゃんぱら-特定商取引法に基づく表示を見ると、赤ロムかした端末の返品も受け付けています。

あくまで参考ですから、ご利用は自己責任でお願いします。

スポンサード リンク