mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

個人情報データベースとは?

借りての信用はどう計られる

金融機関にとって借り方の信用度は非常に重要です。信用度の低い人は返してくれず丸損になるのですから当然でしょう。そのため金融機関は相手の信用に非常に敏感です。

銀行やクレジットカード会社が最初に調べるのが借り方の返済履歴です。一度でも返済を怠った人は統計的に何度も返済を怠る可能性が高いと判断されます。以前は色々あって返済しなかったけれど今は大丈夫と言ってみても、金融機関はそれだけでは信用してくれないでしょう。

では金融機関はどうやって情報を取得しているのでしょうか? 日本には借り方の情報が記録されたデータベースが存在し、金融機関はデータベースを参照する事で借り方のクレジット・ヒストリーを知るのです。これらデータベースには借り方のクレジットや消費者ローンを利用した際の契約内容、支払状況、残高などが記録されます。クレジットや消費者ローンの契約書には必ず取引記録が登録される旨が書かれていますから、チェックしてみるといいでしょう。

個人情報データベースの種類

個人情報データベースには以下があり、

○全国銀行個人信用センター(KSC)
銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合などの金融機関と、銀行系クレジットカード会社、保証会社、住宅金融公庫などの会員から提供された情報をデータベース化したもの。

○CIC
クレジットカード会社、信販会社、百貨店、量販店、銀行系クレジット会社、保証会社などの会員から提供された情報をデータベース化したもの。

○JICC
CICと同じくクレジット会社を中心としたデータベース。前身はテラネット、CCB、全国信用情報センター連合会。

が存在します。借り方がローンを組んだり消費者金融からお金を借りようとすると、金融機関はこれらデータベースを参照します。登録された個人情報は本人もしくは代理人に限り閲覧する事も出来ます。気になる人は一度確認してみてもいいでしょう。

また運転免許証などの本人確認書類を紛失してしまい、勝手に自分の名義を使われないよう本人申告として、その旨を登録する事も出来ます。

ホワイト情報とブラック情報

返済に滞りの無い通常の情報を通称ホワイト情報、返済が滞った事故情報を通称ブラック情報と呼びます。そしてこのブラック情報を交換する、全国銀行個人信用センター、CIC、JICCの3つのデータベースを連結したCRIN(Credit Information Network:クリン)というネットワークと、官報に公告された破産宣告などの記録情報を提供するPRIS(Public Record Information Service:プリス)という公的記録情報サービスが存在します。

つまりブラック情報は各金融機関に共有されており、過去に返済の遅滞などを起こしていれば、金融機関には一発でバレてしまうのです。事故情報が載っている人に金融機関は絶対にお金を貸したり、クレジットカードを発行したりしませんから気を付ける必要があります。

うっかり入金日に口座の残高が足りなかったなどの簡単なものでは、事故情報として登録される事はありませんから安心して下さい。事故情報が登録されるのは6ヶ月以上の遅滞であり、大抵は金融機関からこのままだと事故情報が載る前に警告が来ます。ブラック情報は保存期間が過ぎれば抹消されます。

以下はそれぞれの保存期間です。

全国銀行個人信用センター(KSC)
延滞5年
自己破産10年

CIC
延滞5年

JICC
延滞5年

個人情報を開示する

ここでは実際に個人情報を開示する方法を解説します。

○全国銀行個人信用センター

申込者 やり方 必要な物
本人 本人が必要書類をセンター(東京)に郵送し、センターから本人限定受取郵便(特例型)が郵送されます。 登録情報開示申込書
本人確認資料(2点)
開示手数料1,000円
法定代理人 法定代理人が必要書類をセンター(東京)に郵送し、センターから本人限定受取郵便(特例型)が法定代理人に郵送されます。 登録情報開示申込書(法定代理人用)
本人確認資料(2点)
法定代理人の本人確認資料(1点)
法廷代理権を証する資料
開示手数料1,000円
任意代理人 任意代理人が必要書類をセンター(東京)に郵送し、センターから本人限定受取郵便(特例型)が本人に郵送されます。 登録情報開示申込書(任意代理人用)
本人の委任状
本人の印鑑登録証明書
本人の本人確認資料(1点)
本人の現住所が確認できる資料(1点)
任に代理人の本人確認資料(2点)
開示手数料1,000円
全銀連は窓口に受付は出来ず、郵送のみとなっています。詳しくは本人開示の手続きについて|全国銀行協会を確認して下さい。

○CIC
CICはインターネット、郵送、窓口で情報開示する事が出来ます。インターネットの場合、初回開示1,000円、サイトで手続きし、クレジット等の情報として登録している固定、携帯電話から電話し、聞いた受付番号をサイトに入力する事で開示、閲覧する事が出来ます。詳しい方法は自分の信用情報を確認する|指定信用情報機関のCICを確認して下さい。

○JICC
JICCでは系端電話、郵送、窓口での情報開示を行う事が出来ます。費用は1,000円で携帯の場合、専用アプリで本人確認書類を贈る事で、JICCから本人限定受取郵便(特例型)で開示書が郵送されてきます。詳しくは情報開示手続き等のご案内を確認して下さい。

スポンサード リンク