mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

金融業とは?

金融業の基本

金融業を端的に言えば、お金を貸してそのレンタル料(金利)を貰うという商売です。お金が余っている人から不足している人へ融通し、その料金として金利を貰うので「金融」と書きます。金融業は昔からあまり快く思われていません。よく引き合いに出されるのがシェイクスピア作「ベニスの商人」でしょう。古今東西、昔からお金を貸す仕事は蔑視の対象とされてきたのです。しかし、金融業がなければ世の中が立ち行かないのも事実であり、ただ金融業に従事しているというだけで色眼鏡で見るのはいかがなものかと感じます。

金融業の要素を挙げると「資金調達」「顧客開拓」「審査、融資」「債権回収」の4つに表す事が出来ます。まず商売をするための資金を調達し、その融資先を開拓し、訪れた人が本当に貸しても大丈夫かどうか判断し、最後に貸したお金を金利を含めて回収します。

お金の賃借により貸し方は債権を持った債権者となり、借り方は債務という義務を負った債務者になります。

借金は資産形成の加速器

今100万円あれば、投資で10倍に増やす事が出来るがそんなお金は無い。今から貯めると100万円を作れるのは1年後になり、その頃には儲けの種は消えてしまう。もしあなたがそんな状況になったとしたらどうでしょう。

当然、借金をしてでも投資するでしょう。借りなければ1,000万円貯めるのに10年掛かってしまいます。つまり、借金というのは加速器であり、目標とする資産額をより短期間に実現してしまう力を持っているのです。

借金を分かり易く言うと、すでに100万円を貯めた未来の自分から100万円をぶんどって来る事です。1年後、過去に自分がしたように1年前の自分に100万円をぶどられるでしょうが、その時には1,000万円持っているのですから何の問題もありません。年利5%で運用出来れば50万円の利益が生まれ、年利5%で950万円を9年間運用すれば約1,473万円と、約1.5倍に増やす事が出来ます。

多くの人が今の1万円と1ヶ月後の1万円を同じ価値だと思っています。しかしそれは間違いで貨幣価値は時間により目減りします。なぜなら、人間には寿命があり無限の時間を使えるわけではないからです。

20代で手に入れた100万円と、70代で手に入れた100万円では、圧倒的に20代で手に入れた100万円の方が価値が高い。多くの使い道が残されている時期ともう全てが終わろうとしている時期では貨幣価値は異なるのです。

多くの人は借金と聞くと後ろ暗い印象を持ち、出来れば関わりたくないと考えています。しかし、借金はただの加速器であり、上手く使えばずっと早くに目的の資産額を築く事が出来るし、下手に使えば猛スピードで破滅へ向かっていくというだけです。

ここに借金(金融)を学ぶ理由があります。住宅ローンや子供の教育費、病気や事故などの突発的な費用。自分は絶対に借金なんてしないと頑張ったところで、長い人生どうしても借金に頼らざるを得ない時もあるでしょう。借金はほとんどの人にとって避けられない存在であり、資産形成に多大な影響を与えます。ファイナンスの知識は現代日本人にとって必須の知識と言えるでしょう。

金融機関は銀行と銀行以外がある

金融機関には銀行(バンク)と銀行以外(ノンバンク)に分けられます。バンクとノンバンクの違いはなんでしょうか。銀行は不特定多数の人からお金を預かる事が許されています。しかし銀行以外の機関は銀行免許を持っていないため、このような事をすると出資法違反で逮捕されます。まさに銀行とそれ以外という括りなわけです。

代表的なノンバンクは貸す相手が個人なら消費者金融、クレジット会社、法人ならリース会社、商工ローンなどになります。

担保融資と無担保融資

担保融資は担保を取ってお金を貸す融資で、不動産担保融資、証券担保融資、自動車担保融資などが代表的です。無担保は担保を取らずにお金を貸す融資で、クレジットカード、消費者金融などが代表的です。金利は当然担保融資の方が有利になります。

クレジットカードも金融業

クレジット会社や信販会社もカードローンやキャッシングでお金の貸し出しを行っており、カードでの商品購入は一時的にお金を立て替えているので、お金を貸しているのと同じですから金融業に入ります。

カードローンとキャッシングの違いは、「使途無制限、リボ払い、無担保」がカードローン、「翌月一括返済、使途無制限、無担保」がキャッシングです。本来は支払い方法が違うものですが、中にはリボ払いなのにキャッシングとうたっているものもあり、利用者に混乱をもたらしているものもあります。

固定資産を流動化

金融は単なる借金以外にも固定資産(土地、家屋、償却資産など)の流動化に活用する事が出来ます。日本で資産家と呼ばれる人達の多くは不動産を保有しており、現金はあまり持っていません。帳簿上は資産家扱いされますが、実際の生活は年金で慎ましくという人が大半なのです。

固定資産はそう簡単に売却出来ませんから、資産家でありながら資産を活用出来ない、宝の持ち腐れにしている人が多いのです。こういう場合に固定資産を担保にお金を借り入れる事で、固まっていた固定資産を流動化させ簡単に活用する事が出来るようになります。

スポンサード リンク