mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の借入枠を知ろう

借りられる金額は年収の3分の一

金融機関は借りたいと言えばいくらでも貸してくれるわけではありません。内規で年収に対しどれ位まで融資する事が可能か決めており、銀行などは年収の1/3と厳しく、クレジットカードは銀行よりはもう少し貸してくれます、特に販促期間中は年収を超える額のカードも発行したりします。

クレジットカードの場合は、限度額はカード会社ごとに決まるのではなく、現在借り方が持っているカードの限度額も含めた合計になります。一般的な審査でAさんが500万円借りられるとしても、今持っているクレジットカードの合計が500万円の場合、一度も使っていなくとも審査担当者はあなたには貸せませんと融資を拒否します。

銀行は年収の1/3ですから、年収1000万円の人は約300万円借りられますが、既に500万円分のカードを持っていれば、その時点で融資を断られてしまいます。融資してもらいたいのなら使っていないカードを解約しなければなりません。

金融機関の審査

金融機関はいくら年収があろうが返済意識の無い人には貸しませんから、融資額がいくらだとしても、そもそも貸してもらえなければ意味がありません。審査に通りやすい人とそうでない人は何が違うのでしょうか

年収に次いで大きいのが「職業」と「家族構成」です。はっきり言えば借金が会社や家族に知られると困る人ほど借りやすいという事です。なぜならそういった人達は返済に対する意欲が高く、丸損の可能性が低いからです。クレジットカード等がサラリーマンは通りやすく、自営業者は通りにくいのもそのためです。

消費者金融の利用

クレジットカード会社と提携している業者は、個人情報データベースにカードを作るだけで登録されますが、そうではないマイナー業者での融資は登録されません。事前に消費者金融でいくらかカードを作りその後で銀行などから融資を受ける事で、本来の借入枠以上の借り入れが出来る場合があります。

消費者金融でお金を借りるにはカード(口座)を作りますが、作れば必ず借りなければならないというわけではありません。勧められる事はあるでしょうが、絶対ではありませんし、しつこい業者は避ければよいでしょう。

もし何かしらの理由でいざという時のため、もう少し借入枠を増やしておきたい場合に、取り敢えず消費者金融でカードを作り、銀行などから融資を借入枠一杯に受け、その万が一が来た時に緊急で消費者金融から借り入れるという事も出来る場合があります。

スポンサード リンク