mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

仏名は必要か?

仏名とは

仏名(ぶつみょう)とは仏の弟子になった事を意味してつけられる名前で、仏教では人は死ぬと仏の弟子になるとされ、仏名を付けます。一般には仏門に入った者が名乗る名前を「仏名」、死後は「戒名(かいみょう)」、生きている間は「法名(ほうみょう)」とされていますが、本来は同じ意味となります。

仏名は宗派により呼び名が変わり、天台宗、真言宗、曹洞宗などでは「戒名」、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号(ほうごう)」と言います。

仏名は亡くなってからすぐに僧侶に依頼し葬儀まで、遅くとも納骨までにはつけてもらいます。仏名は菩提寺の僧侶に依頼しますが、菩提寺や宗派が分からない場合は、俗名(生前の名前)で葬儀を済ませ、その後、菩提寺や宗派を確認してつけてもらいます。

仏名はどうやって出来ている

仏名は本来2文字で構成されます。現代は社会的貢献度や信仰心などから院号や道号、性別や年齢で区別する位号が加わるようになりましたが、元々2文字と短いのは、仏の世界では身分の上下がなく平等である事を示すためなので、今のやり方は本末転倒と言えるかも知れません。

宗派により構成は多少違いますが、一般的には以下のような構成になります。

△△ 院号
□□ 道号
○○ 戒名

●大人
□□○○信士(信女)
△△院□□○○居士(大姉)
△△院殿□□○○大居士(清大姉)

●子供
○○童子(童女)

●幼児
○○孩子(孩女)

二重払いに気を付ける

まともな葬儀社なら遺族に菩提寺はあるのか、宗派はどこかといった事を聞いてくるはずです。仏名を受けるというのは”そのお寺を菩提寺にし今後、檀家として付き合っていく”事を意味しているからです。

たまによく分からないまま葬儀社が紹介した僧侶に仏名をもらうケースがありますが、もし菩提寺があり納骨する場合、そこからも仏名を受ける事となり二重払いになる可能性がありますので、十分気を付けて下さい。

戒名の相場

仏名(戒名)の料金はあくまでお布施という名目であり、「当人が負担出来る金額で良い」とされているものの、現実には相場というものが存在します。

当然宗派やお寺でばらつきはあるものの、普通仏名で15~30万円、院号居士仏名で50~150万円、さらに格上の院殿は上限は無いに等しく、有名人や資産家では数千万円という金額を払った人もいるようです。

●院殿号
かつては天皇や大名など限られた人々にのみ許された名称。現在では社会的貢献の高い人などに与えられる。

●院号
院殿号に次ぐ位。院殿号と同じく社会的貢献の高い人などに与えられる。

●居士、信士、大姉、信女
性別、年齢を表す位号。一般人に授けられる名称。居士、信士が男性名称、大姉、信女が女性名称。

●童子、童女
性別、年齢を表す位号。おおよそ7~15歳くらいの子供に授けられる名称。童子が男性名称。童女が女性名称。

●孩子、孩女
性別、年齢を表す位号。赤ちゃん、もしくは非常に幼い子に授けられる名称。孩子が男性名称、孩女が女性名称。

神道の場合

神道には霊号があります。神道では霊璽(れいじ、神道の位牌)に故人の御魂(みたま)を移し、故人は子孫の守り神になると考えられています。この霊璽に神主がつけた霊号を記します。

成人男性は「大人(うし)」、成人女性は「刀自(とじ)」とつけ、最後に「○○之霊」、「○○霊位」、「○○命(みこと)」とつけます。

キリスト教の場合

キリスト教は洗礼名をお墓に刻むのが一般的です。

そもそも戒名は必要なのか?

寺院に埋葬する場合は必要になります。大抵のお寺は自分のところで戒名を付けない場合は、納骨を拒否するからです。市営の霊園などに埋葬する場合は必要ありません。俗名で埋葬出来ます。

戒名が高過ぎると感じる人は多いでしょう。安くても何十万円、高ければ何百万円なんていう金額になるのですから、誰だって戒名の金額と存在に疑問を感じるはずです。お寺によっては数万円の戒名用PCソフトで付けているケースもあるので、何十万円も取るのはどうなのか? とも感じられます。

そもそも戒名は日本仏教の産物で、元々の仏教には存在しない概念でもあります。仏の世界では皆平等という思想から、生前の境遇に関係無く皆を平等にするために戒名は生まれたのですが、その戒名が現代では差を付けるために用いられており本末転倒とも言えます。

現代人は宗教心が薄れ、葬儀も含め様々な宗教儀礼に距離を置くようになりました。結果、お寺は昔と比べ維持費に窮しており、戒名はそういったお寺の貴重な収入源になっています。要は戒名含め、様々な名目でお金を取っていますが、それらは全て”お寺の運営費”の事なのです。戒名料としてお金が取れなければ、単に檀家に寄付金を募るだけです。そう考えると名目が宗教の薄くなった現代では奇異に映るだけで、ボッタクリとまでは言えないのかも知れません。

どちらにせよ、戒名というのは仏教の世界特有のものです、檀家にならずとも市営の霊園などなら問題なく埋葬出来ますので、宗教心の無い人や金銭的に余裕の無い人はつける必要はないでしょう。

檀家のやめ方

檀家をやめたいという人もいると思います。檀家をやめるにはまず新しい移転先を確保します、新しいお寺、霊園などです。それが済んだら墓地管理者(お寺)から「改装許可証」を発行してもらう必要があります。これがないとお墓を移す事が出来ません。そしてここが最も揉めてしまう部分になります。

お寺からすればその分収入が失われるのですからいい気はしません、檀家をやめたいと申し出ると住職が怒り出したり、何かしら理由を付けて認めなかったりするケースも多いようです。日本国には信教の自由が保証されているため、あなたが仏教に価値を見出せなければ、檀家をやめる事を誰も咎められません。しかし面倒にならないよう丁重な態度で臨む方が好ましいでしょう。

戒名を自分でつける

戒名は自分でつける事も出来ます、法的に僧侶しか決め手はならないという決まりは無いからです。しかし大抵のお寺では自分で戒名をつけるのを認めないため、事前にお寺と話し合っておく必要があります。

スポンサード リンク