mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

遺体の清め方

末期の水の取り方

末期の水(まつごのみず)は死に水ともいい、死者が生き返る事を願う気持ちと、あの世で渇きに苦しまぬようにと願いを込めて行われる風習です。臨終後に行われ、血縁の濃い順にとります。

やり方は割り箸の先に脱脂綿とガーゼを白糸で縛り付けた物、新しい筆の先などを茶碗の水に浸して、故人の唇を濡らします。地方によっては一般とは違う方法をとる地域もあります。

湯灌

末期の水を取り終えたら湯灌(ゆかん)を行います。湯灌は故人の最後を清らかにして旅立たせてあげるという意味を持ちます。現在の湯灌は全身をアルコールに浸したガーゼや脱脂綿で拭くのが一般的で、これを「清拭(せいしき)」と言います。

清拭が終わったら遺体の耳、鼻、口、肛門などに脱脂綿を詰めます。目、口が開いている時はそっと閉じます。今では病院で亡くなった場合は看護師、自宅で亡くなった場合は葬儀社が行うのが普通になりました。しかし家族が行っても当然問題ありませんので、出来るだけ家族がやるのが好ましいでしょう。

神道式の清め方

神道式の場合も仏式とあまり変わらず、死に水、遺体の清め、死に化粧を行います。

キリスト教式の清め方

亡くなったら末期の水を含ませ、遺体を清め、死に化粧を施します。

エンバーミング

エンバーミング(遺体衛生保全)とは、闘病の疲れや事故で損傷した容姿を生前元気だった頃に戻す作業であり、防腐、防疫処理を施す遺体処理技術を言います。

欧米では一般的な習慣でエンバーミングを行う業者をエンバーマーと呼びます。最近は日本でも行われる事が多くなってきました。希望する場合は事前に調べておきましょう。

スポンサード リンク