mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

危篤から臨終まで

危篤を知らせる相手

危篤を知らせる相手はその人と最後の別れをして貰いたい人々に連絡を取ります。一般には以下の人々です。

1 家族、近親者(両親、妻子、兄弟姉妹、祖父母、孫、配偶者の両親や兄弟姉妹、叔父、叔母、甥、姪など)
2 関わりの深い友人、知人
3 勤務先、学校、関係団体などの関係者

あまり気は進まないかも知れませんが、万が一に備え住所録を作っておく事も良いでしょう。連絡する人達が多い場合、それぞれグループに分け一人の方に連絡し、他の方に連絡を回して頂くというのも考えられます。

危篤の連絡方法

連絡方法では電話が一番確実です。緊急ですから早朝や深夜にかけても構いません。目上の人に対してもこういった場合失礼には当たりません。

電話で連絡する場合以下を伝えます。

1 危篤者名前、現在地(病院名)、病院の科名、病室番号、病状。
2 こちらの電話番号
3 いつ頃来てほしいのか

電話での連絡が取れない場合、Eメール、ファックス、電報などを使いましょう。書く内容は上記と同じです。

以下は伝え方の例です。
「○○○○の家内(長男、親戚の者)の△△でございます。朝早くから(夜分遅く)ご迷惑とは存じますが、主人(父)の○○が今朝5時過ぎに病院(自宅)で亡くなりました。取り急ぎお知らせいたします。」

電報の場合NTTの電報サービスセンター(115番)、またはインターネットのD-MAILからも申し込めます。緊急定文電報というものがあり、こちらから選ぶと漢字と仮名が混じり読みや易くなります。また午前8時~午後10時までに申し込むと即日配達してくれます。

緊急定文電報の定文

死亡
900 死す。
901 死す、至急電話されたし。
902 死す、至急連絡されたし。
903 死す、至急来られたし。
危篤
910 危篤。
911 危篤、至急電話されたし。
912 危篤、至急連絡されたし。
913 危篤、至急来られたし。
病気
920 病気。
921 病気、至急電話されたし。
922 病気、至急連絡されたし。
923 病気、至急来られたし。
925 倒れた。
926 倒れた、至急電話されたし。
927 倒れた、至急連絡されたし。
928 倒れた、至急来られたし。
入院
950 入院。
951 入院、至急電話されたし。
952 入院、至急連絡されたし。
953 入院、至急来られたし。
事故
960 事故。
961 事故、至急電話されたし。
962 事故、至急連絡されたし。
963 事故、至急来られたし。
その他
990 至急電話されたし。
991 至急連絡されたし。
992 至急来られたし。
993 緊急連絡。
995 重要連絡。
996 急用有あり。
997 行けぬ。
998 欠席する。
999 無事。

危篤者がキリスト教徒の場合

この場合所属する協会に連絡が必要です。カトリックなら神父、プロテスタントなら牧師を呼び儀式を行います。

キリスト教徒は死の直前、過去の罪を懺悔し許しを乞う儀式を行います。これは当然生前行われるため、執り行う神父や牧師を呼ぶ必要があるのです。もし神父や牧師の到着を待たずして危篤者が亡くなった場合は、遺体はそのままに居合わせた人々で祈りを捧げます。

カトリック信者の場合

信者の容態が悪化したり、死期が近いと判断したらすぐに神父を呼び「病者の秘蹟」を行ってもらいます。これは生前の罪の許しを神に乞い祝福を与える儀式で、終油の秘蹟、塗油の秘蹟とも言います。

儀式は机に白い布をかけ、その上に十字架、ロウソク、病者の油、聖水などを用意します。十字架、病者の油、聖水は神父が持参し、急な時はそれだけで儀式は執り行われます。急を要しない場合は儀式の前に「赦しの秘跡」を行う事もあります。これは今までの罪を告白し懺悔する儀式です。また聖体拝領(パンとぶどう酒)を病者の秘蹟の間に行う事もあります。

プロテスタント信者の場合

プロテスタント信者が危篤になった時は、意識のあるうちに所属する教会の牧師を呼び「聖餐式」を行います。

聖餐式は死期の迫った信者にキリストの肉と血を意味するパンとぶどう酒を与え、死者の魂が永遠の安息を得る事が出来るようにと祈る儀式です。危篤者が洗礼を受けていない場合は、聖餐式ではなく臨終の祈りを捧げてもらいます。

本人が望めばその場で緊急の洗礼を受ける事も出来ます。尚、聖餐式は死の直前だけでなく生前に受ける事も可能です。プロテスタントはカトリックと違い故人の信仰を重視するので、儀式自体は簡略化されています。

危篤者が亡くなったら家族は「末期の水」を含ませ、遺体を清め、死化粧を行い、故人愛用の服を着せて安置します。納棺は死亡当日か翌日に牧師立ち会いの下行います。

プロテスタントは宗派が多くそれぞれ葬儀内容も違うため、家族、牧師(教会)、葬儀社と事前の打ち合わせが不可欠です。葬儀社はキリスト教葬儀の経験が豊富なところを選ぶようにしましょう、教会に紹介を頼めば大抵見付かるはずです。

死亡を知らせる相手

死亡を知らせる相手は一般的に以下の人達です。

1 臨終に立ち会えなかった家族、友人知人、勤務先、学校、関係団体など
2 菩提寺の僧侶、教会の神父、牧師などの宗教関係者
3 隣近所、町内会

これも危篤を知らせる時と同じように、仕事関係や趣味関係などグループ分けして、それぞれの代表的な数人に連絡し、同じグループの人達に伝えてもらうようお願いしましょう。

故人が有名人、社会的地位が高い人である場合、死亡広告を出す事があります。これは生前故人の交友関係が広すぎて全ての人に連絡は出来ないからです。

死亡広告を出す場合は、直接新聞社に依頼するのではなく、広告代理店や葬儀社を通して依頼します。掲載日は葬儀の前々日の朝刊が適しており、料金は新聞社ごとに違うため事前に調べておきます。最近は新聞社のサイトに料金表を載せているところもあります。

スポンサード リンク