mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡届の提出と火葬許可証の交付

死亡届を提出する

戸籍法により人が死亡した場合「死亡届」の提出が義務付けられています。死亡届は死亡診断書と対になった書類です。医師が死亡を確認すると、右側の死亡診断書に必要事項を記入しますので、遺族は左側の死亡届に必要事項を記入し、死亡した日(死亡を知った日)から7日以内に市区町村役場に提出して下さい。

死亡届のサンプル

記入する内容は、

●氏名・生年月日
故人の氏名と振り仮名を記入します。生年月日は昭和○○年と年号から書きます。
生まれてすぐ無くなった場合は時分まで。

●死亡したとき
右の死亡診断書に医師が書いた日時を書きます。

●死亡したところ
死亡した住所を記入します。-(ハイフン)などは使わず、○丁目○番地といった書き方をします。

●住所
故人の住民登録先の住所を-(ハイフン)を使わずに記入し、その住民登録先の世帯主名を記入します。

●本籍
故人の本籍の住所、その本籍の筆頭者氏名を記入します。筆頭者とは戸籍の最初に記載されている人物の事で、夫の氏を選び婚姻していれば夫が、妻の氏を選び婚姻していれば妻が筆頭者になります。

●死亡した日との夫または妻
いる場合は「いる」にチェックし、いない場合は「いない」のどれかをチェックして下さい。

●死亡したときの世帯のおもな仕事と死亡した人の職業・産業
該当するものにチェックし、職業名を記入します。

●その他
基本的には空欄のままで大丈夫です。

●届出人
故人と届出人との関係の該当するものにチェックします。届出人の現住所、本籍、署名を記入して下さい。

●連絡先
連絡先の電話番号を記入して下さい。

死亡届の記入例

死亡届を提出しないと、火葬に必要となる「死体火葬許可証」が交付されませんので、葬儀・告別式の後の火葬に間に合わせるため、死亡届は死亡した当日、または翌日に提出しましょう。

死亡届は日曜、祝日などに関わらず、24時間受け付けています。

死亡届の提出を義務付けられている人

死亡届の提出を義務付けられているのは、

①同居の親族
②同居していない親族
③親族以外の同居者
④家主
⑤地主
⑥家屋管理人
⑦土地管理人

の順となります。

役所に提出するのは、葬儀社などの代行者でも構いませんが、その場合は届出人と代行者の印鑑が必要になります。

火葬許可証を交付してもらう

火葬許可証は遺体を火葬場で火葬する時に必要になる書類です。役所に死亡届を提出する時に、一緒に「死体火葬許可申請書」の申請手続きも行いましょう。手続きは、故人の本籍、住所、火葬の場所などを記入し提出すると、火葬許可証を交付してくれます。

火葬時に火葬場で火葬許可証を提出します。すると火葬場の管理事務所が火葬の日時等の必要事項を記入し、証印を押して火葬終了後、遺族に返してくれます。

返却された火葬許可証はそのまま「死体埋葬許可証」となり、納骨の際にはこの死体埋葬許可証が必要になりますので、大事に保管し無くさないようにしましょう。

火葬許可証の再交付

火葬場から返却された死体埋葬許可証は、5年間の保存が義務付けられています。もし無くしてしまった場合、再発行は認められていません。

例外的に死亡してから5年以内であれば、死亡届を提出した役所で有料ながら再発行してくれる場合もあります。この場合死亡を証明する物の提示を求められます。

スポンサード リンク