mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

死に化粧と死に装束

死に化粧の方法

遺体を清めた後は死に化粧(死化粧)を行います。病院で亡くなった場合は看護師が湯灌と共に死に化粧も行い、霊安室に安置させます。

○男性の場合
髪を整え髭を剃り、男性であっても顔色が悪い場合はファンデーションなどを塗ります。

○女性の場合
髪を整え、メイクを施します。生前の面影を残すように故人のメイク道具を使うのが良いでしょう。

地方によっては死者に刃物を当てる事をよしとしなかったり、死に化粧そのものを行わない地域もありますから、その土地のやり方を尊重しましょう。遺髪や遺爪(いそう)を取る場合は、この時に切っておきます。

死に装束の着せ方

死に装束(死装束)は、あの世へ旅立つ故人が纏う衣装の事です。白いさらしの経帷子(きょうかたびら)、手甲(てこう)、脚絆(きゃはん)、足袋、三角布、頭陀袋(ずだぶくろ)等です。

経帷子は左前にし、手足に手甲と脚絆をつけ、足袋はこはぜ(かかとに付いている金属製のホック)を取り履かせます。頭には三角布をつけ、六文銭を入れた頭陀袋をかけて手に数珠を持たせます。しかし最近は昔ながらのやり方を厳密に守る事は少なく、生前故人が愛用していた洋服などを着せたり、おおらかになっています。

遺体の安置

遺体は頭を北(北枕)に、足を南に向けて寝かせます。北枕にするのはお釈迦さまが入滅(亡くなった)時に、頭が北を向き顔を西に向けていたためと言われています。

敷き布団と掛け布団を1枚ずつ使い、掛け布団は上下逆に掛けます。故人は手を胸元に組ませて、顔に白布をかけます。枕元、もしくは胸元に刃先を足の方へ向けて「守り刀」を置きます。

枕飾り

遺体を安置したら枕元に供え物を置く祭壇を作り、これを枕飾りと言います。一般的な仏式では、白木もしくは白い布を掛けた台を置き、三具足(みつぐそく)と呼ばれる香炉、燭台、花瓶を置きます。香炉に線香を一本、燭台にロウソクを一本灯し、夜通し火を絶やさないようにします。花瓶には樒(しきみ)という植物を一枝挿します。樒が無い場合は菊、水仙、白百合でも代用可能です。

他にはお鈴(おりん、チーンと鳴らす金属で出来たお椀)、水を入れたコップ、枕飯(故人の茶碗に故人の箸を垂直に立てたご飯)、枕団子(上新粉を水で練った物)を6個備えます。宗派によっても違いますので、確かめる必要があります。

枕飾り一式

今は枕飾りは葬儀社がやる事が多く、何も言わないと料金に初めから含まれている場合がほとんどです。しかし葬儀社にとって最も儲けのタネになっているのがこの枕飾りであり、法外とも思える料金である事も少なくありません。あまりにもふっかけられていると思ったら、故人を偲ぶ意味でも自ら用意する事をお勧めします。

枕勤め

枕飾りを終えたら僧侶を呼びお経をあげてもらいます。このお経を「枕経(まくらぎょう)」と言い、それを読む事を「枕勤め」と言います。これが終わると戒名を付けます。

本来枕経は亡くなった直後に行いますが、最近は病院で亡くなる事多いため、自宅に搬送したから行うのが一般的です。さらに菩提寺が決まっておらず、すぐに僧侶を呼べない家も多くなったため、納棺や通夜の直前に行ったり省略したりするケースも多くなっています。

神道式での遺体の安置

神道式も仏式と同じように遺体を北枕に寝かせます。守り刀は枕元に添えるか、お盆に載せて刃を遺体に向けないようにします。

神道式の枕飾り

神道式では遺体の前に「案(あん)」と呼ばれる8本の足で支えられた白木の台を置きます。その上に左右に一本ずつ灯明(とうみょう)を立て、内側に榊の枝葉を置きます。中央に三方(さんぽう、小型の台)を置き、三方に御神酒(おみき)、常饌(じょうせん、故人が好んだ食事)もしくは水、塩、洗米の3種類を供えます。

神道式の枕飾りの図

枕飾りが済んだら親族や近親者で故人を囲み祈りを捧げます。これを「枕直しの議」と言い、神官を呼ばずに行います。

キリスト教式の遺体の安置

死に化粧を施し着替えさせます。キリスト教に死に装束はなく服装は自由であり、故人が愛用していた服などを着せます。胸の上で手を組ませてロザリオ(数珠のように玉のついた輪に十字架がついたネックレス)を持たせます。普通納棺は通夜の前に行います。

納棺の前には遺族、近親者で遺体を囲み、神父が納棺の言葉を捧げます。聖書の朗読、聖歌斉唱、祈りの順で行い、遺族の手によって遺体を棺に納め、遺体の周りを白い花で埋め祭壇に安置します。

カトリックでは通夜のしきたりというものは得に無く、単に自宅や教会で神父と共に祈りを捧げます。

キリスト教式の枕飾り

遺体を安置した部屋に小さな机を置き、遺影、十字架、燭台1組、お香、聖水、生花などを飾り付けます。

スポンサード リンク