mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

職探しの基本

ハローワークで職探し

職探しの王道とも言えるのがハローワークの活用です。昔は職業安定所(通称職安)と呼ばれていました。今でも正式には職業安定所ですが、現在は愛称であるハローワークという呼称が一般的です。

ハローワークは国が求職者に仕事を斡旋し、事業者に求人を公告する機会を提供する、労働者と事業者を結ぶ公的な機関です。以前は求人票という求人内容が記載された紙が使われましたが、現在では設置されているパソコンからオンライン検索するのが主流です。

まずは、Google Mapsなどで最寄りのハローワークの場所を調べ、それを元に求人に行ってみましょう。

求人情報誌で職探し

求人情報誌には大別すると「無料」と「有料」があり、その多くは地域別に発行されています。発行サイクルは多くの物が週刊です。現在はインターネットの普及に伴い、有料求人誌が売れなくなった事で無料の物が多くなっています。

多くの求人誌はWEBサイトも開設しており、そちらで職を探す事も可能になっています。求人情報誌は沢山ありありますが、地域毎の発刊が多く、今、住んでいる地域に合わせた雑誌選びが必要です。中にはタウンワークのような全国はカバーしている雑誌もあります。

大抵、地元のコンビニやキヨスクなどに置いてあります。

新聞・折り込み広告で職探し

新聞の求人欄や挟まってくる折り込み広告には、求人広告もありますので活用しましょう。良い点は地元の求人が載っている点です。

>求人サイトで職探し

インターネット時代となり、現在では沢山の求人サイトが存在します。有名な求人情報誌は大抵サイトを開設しており、ハローワークもサイトを開設しています。

ハローワークインターネットサービス
ハローワークが運営する求人サイトです。ハローワークで募集されている求人をWEB上でチェックする事が可能です。

ジョブダイレクト
ハローワーク、求人・転職サイト、各企業のHPに掲載されている求人情報など、全てをまとめて探す事が出来ます。

リクナビNEXT
転職仲間機能というものがあり、自分に似た転職活動者を見付け、仲間に指定する事で現在の状況を知る事が出来るユニークなサービスがあります。

an
これといって特筆すべき所はありませんが、比較的利用者の多いサイトです。

タウンワーク
老舗タウンワークのサイトです。安心感が一番の売りでしょう。

店頭での求人募集

直接、お店に求人の張り紙がある事があります。こちらはすぐにでも人を欲しいと思っているわけですから、急いでいる場合は積極的に利用しましょう。

スポンサード リンク