mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

履歴書の書き方

履歴書は手書きにするべき

海外では履歴書は必ずプリンタで印刷します。手書きは手抜きととられまず受からないそうです。逆に日本では手書き重視であり、印刷した履歴書を手抜きと見做します。履歴書は必ず手書きで丁寧に書くようにしましょう。

実際に履歴書を書いてみよう

●履歴書のサンプル
履歴書のサンプル

●新卒用の履歴書のサンプル
履歴書の新卒用サンプル

●封筒のサンプル
履歴書用の封筒の書き方サンプル 履歴書用の封筒の書き方サンプル

日付の書き方

勘違いしやすいですが、日付は履歴書の作成日を書くのではなく提出日もしくは前日を書きます。 履歴書を郵送する場合は投函日、持参する場合は当日を記入します。

西暦と元号(平成)はどちらでも構いませんが、全体として一つに統一しましょう。

氏名・現住所・電話番号・写真欄

氏名の振り仮名は履歴書の表記が「ふりがな」なら平仮名、「フリガナ」ならカタカナ表記にします。

住所は都道府県からマンション名まで省略せずに記入します。

電話番号は日中連絡が取れる番号を記入します。固定電話でも携帯電話でも構いません。

証明写真は撮影から3ヶ月以内の写真を貼ります。昔は写真店で撮影しましたが、より手軽な無人の証明写真機が主流となりました。 そして現在では証明写真機すら不要になっています。

誰もが自分でスマホやデジカメで撮影し、パソコンで印象が良くなるよう加工したり出来る時代になりました。 作った写真は、

1.コンビニのマルチコピー機で印刷
2.Webサービスで印刷
3.専用フリーソフトで自宅で印刷

などの選択肢があります。

最も手軽なのはコンビニを活用する方法で、例えばセブンイレブンのネットプリントを使えば、 事前に画像データを送信し、後でセブンイレブンのマルチコピー機で印刷すればいいだけです(1回200円で6枚分)。

直接、写真データの入ったメディア(USBメモリ、SDカードなど)を持参し、端末上で画像加工も行う事が出来ます。

Webサービスというのはサイトに画像データをアップロードし、Web上で加工、トリミングして証明写真を作ってしまえるサービスです。 後は、ダイソーで売っている写真用の光沢紙にプリントし、ハサミで切り取ればいいわけです。

フリーソフトでは「証明写真をつくろう! フリー版」が最も有名で、証明写真用に機能が特化しています。

学歴と職歴

年度は元号、数字はアラビア数字を使い、学歴は中学校卒業、高校以上からは高等学校入学、 高等学校卒業、大学入学、大学卒業と記入します。小学校は普通書きません。

学校名は「○○県□□市立△△高等学校」と省略せずに書きます。高校ではなく高等学校と書きましょう。 公立か私立なのかが判るように書き、私立の場合は「学校法人」などを付けます。

免許・資格

免許、資格の記述は年代順にならなくても結構です。仕事に有効と思われる順番から記入しましょう。

志望の動機・特技

志望の動機は、応募先企業の良いと思う事を書き出すのではなく、自身が発揮できる能力をアピールしましょう。

卒業後5年前後であれば、特技、好きな学科など仕事に役立つと思えるものを選択して記入。卒業後の時間経過が長い方は、志望の動機やアピールポイントを中心に記入しましょう。

本人希望記入欄

本人希望記入欄に、希望給与金額や勤務時間の希望など、自分にとって都合の良い条件を沢山記入している人がいますが、 それが書類選考において不利に働く事もありますので注意が必要です。例えば、本人の希望給与額まで予算を取っていないなど、 内定を出しても条件が合わず入社の可能性が低いと思える場合は、良い人材だと思えても書類選考で不合格とする事があります。

自分で選考の間口を狭めるような書き方にならないよう工夫が必要です。

履歴書をトレースして書く

履歴書の字は綺麗である事に越したことはありません。字面を綺麗にするコツをお教えしましょう。

まず、薄いコピー用紙などにワードで履歴書と同じ位置関係で文字入力し印刷します。次にトレース台という盤面がガラスで、 下からライトが点く道具を用意します。無ければ足を作ってガラス板を置き、下から懐中電灯で照らしても使えます。

プリントアウトしたコピー用紙をガラス板に置き、その上から履歴書を重ねます。すると下の文字が透けますからそれをなぞりましょう。 こうする事で手書きでありながら誰でも美しい文字を書く事が出来ます。

スポンサード リンク