mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

PERとは

PER(株価収益率)は株が割安かどうかを計る指標

PERは

株価 ÷ 1株辺り利益

で求めます。
つまり株価が1株益の何倍かを見るわけです。1株益というのは

"1株あたり年○○円稼いだか?"

というものです。

PERは非常に有名な指標であり、素人から玄人まで誰でも知っているものですから、是非覚えておき実際の売買に役立てて下さい。

PERの使い方

では例を用いてPERの使い方を紹介しましょう。

A社とB社の株があります。A社の株は100円でB社は200円、それぞれの1株益は両社とも10円です。この場合どちらの株が割安なのでしょうか?

A社のPERは 100(株価) ÷ 10(1株益) = 10倍
B社のPERは 200(株価) ÷ 10(1株益) = 20倍

となります。
両社とも1株益、つまり1株あたり年10円稼ぐ銘柄ですが、A社は利益の10倍(PER)の値段で買え、B社は利益の20倍(PER)で買う事に なります。当然割安なのは10倍で購入出来るA社の株という事になります。すなわちPERは"低い方が割安"であると判断するのです。

標準的なPERは15倍

どの位のPERなら割安で、どの位なら割高なのかというと、大体世界的に15倍が標準の様です。 15倍未満なら割安、15倍以上なら割高と判断するのが一般的なのです。

一概に10倍だから絶対お得だ、とか20倍だから絶対損だ、 という事ではありません。なぜなら今後の業績の見通しが非常に明るければ、PERはどんどん上がり30倍になったとしてもまだお買い得という事もあるからです。

予想PERと実績PER

PERには2種類あり、

予想PER 業績予想で計算したPER
実績PER 前期の実績で計算したPER

があります。
重要なのは"予想PER"の方で、理由は現在のPERだからです。実績PERは前期のもう終わった事に対するPERであり、 これから売買を行おうとしている人にとっては役には立ちません。

たまにPERが表記してあってもそれが予想PERなのか実績PERなのか分からない場合があります。PERを利用する場合は必ずそれが予想PERなのか実績PERなのかを確認しましょう。

スポンサード リンク