mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

ROEとは

ROE(株主資本利益率)は経営者の能力を見る指標

ROEは

当期純利益 ÷ 株主資本 × 100

で求めます。ROEはその企業が1年間に株主から集めた資金(株主資本)を、どれだけ増やす事が出来たかを見る事が出来ます。ROEが高いほど その企業は増加させる事が出来たという事になります。

従来日本ではあまり重要視されていませんでしたが、海外投資家などはROEを重視するため最近はROEに注目する国内投資家も増えています。理想はおおよそ15%~20%と言われています。

資本の少ない企業のROEは高くなりがち

企業は資産を持ち、資産とは資本(返さなくてもいいお金)と負債(借金)で構成されています。ROEは計算の分母に資本を利用する事から資産が少ないほどROEは高くなります。

しかし少ない理由が負債が多いからという理由では優良銘柄とは言えません。狙うべきは負債が 少なく(自己資本比率が高く)、ROEが高い企業です。

同業他社との比較でないと意味が無い

ROEは同じ業種の他の会社と比較するのに有効です。なぜなら他業種の会社と比較しても、業種自体の収益性や成長性が異なるため正しく比較出来ないからです。

全く同じ能力を持った経営者であっても、急激な成長を迎えている分野とすでにあらかた開拓された分野とでは、収益の上げやすさが違うのです。

スポンサード リンク