mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

ローソク足の見方を知ろう

ローソク足とは



ローソク足(陰陽線)とは、始値・終値・高値・安値の四本値を表す形がローソクに似たグラフです。値上がりした場合は白表され ”陽線”と呼ばれ、値下がりした場合は黒で表され”陰線”と呼ばれます。

それぞれの部位が何を表しているかは、上図の通りです。

代表的なローソク足の形

大陽線(丸坊主)大陰線(丸坊主)
ヒゲが無いため、かなり強い上昇傾向。ヒゲが無いため、かなり強い下降傾向。
大陽線大陰線
強い上昇傾向。下がって上がっている。強い下降傾向。かなり下がって若干戻している。
大陽線大陰線
強い上昇傾向。上がって下がっている。強い下降傾向。上がって下がっている。
大陽線大陰線
上下しながらも上昇傾向。上下しながらも下降傾向。
小陽線小陰線
上下しながらも弱い上昇傾向。上下しながらも弱い下降傾向。
下影陽線(カラクサ)下影陰線(カラクサ)
大きく下げてから上がっている。大きく下げてからかなり戻している。
上影陽線(トンカチ)上影陰線(トンカチ)
大きく上げてから下げている。大きく上げてからかなり下げている。
十字線(寄引同時線)四値同時
売り圧力と買い圧力が拮抗。始値、高値、安値、終値が全て同値の状態。
トンボトウバ
大きく下げて同じだけ戻した。大きく上げて同じだけ戻した。

スポンサード リンク