mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

損益計算書とは

損益計算書とは

損益計算書とは、期間ごとの経営成績を表す物です。いわば企業の成績表です。

注目すべき項目

損益計算書には様々な項目が書かれていますが、ここでは初心者向けに重要な項目に絞って解説します。馴れてくればもっと詳細に読み込む事をお勧めしますが、 最初から意気込むと疲れてしまうでしょう。

○売上高
本業による収益の事です。

○売上総利益
売上高-売上原価=売上総利益。上がった収益からそれに掛かった原価を引いた金額です。

○営業利益
売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益。販売費とは商品を売るための広告費等に掛かったお金の事で、一般管理費とは人件費や光熱費等の事です。

○経常利益
営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益。営業外収益とはその名の通りで、主に銀行の利息などが含まれます。営業外費用は借入金の支払利息等です。

○税引前当期利益
経常利益+特別利益-特別損失=税引前当期利益。特別利益とは土地の売却など本業以外の部分で上がった利益の事で、特別損失は本業以外の部分で生じた損失の事です。

○当期利益
税引前当期利益-法人税等=当期利益。最終利益とも言い、これが最終的に企業が手に入れるお金となります。

最も重要なのは経常利益です。経常利益とは事業による全収益からそれに掛かった事業に直接関係しない経費(税金等)以外の経費を 引いた金額です。つまりその企業の企業活動そのものを表すものであり、儲ける事の出来る企業かどうかの指針になります。

スポンサード リンク