mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

土地神話とマイホーム

戦後、不動産は資産の王道だった

日本人が、それこそ土地神話などと言われるほど不動産を好んできたのは、単純にそれが最も経済合理的な選択だったからです。日本はバブル崩壊まで、戦後一貫して地価は上がり続けてきました。株だとか債権だとか、そういった投資は不動産と比べれば割りの悪く、投資として価値がなかったのです。

具体的になぜ、日本では不動産投資(要はマイホーム)が、他の投資商品と比べて極めて高いパフォーマンスを上げる事が出来たのでしょうか? 以下、理由を挙げてみましょう。

■日本の地価は戦後上がり続けた
まず一つ目の理由として、戦後の地価の上昇率は、他のどの投資商品よりも高かった事が挙げられます。例え借金をしてでも、出来るだけ早いうちに土地を買った方が儲かったわけです。

■インフレ率が高かった
戦後の日本はインフレ率が高く、これは即ち借金している人間に有利に働きます。貨幣の価値が下がるわけですから、金利も実質低下するからです。マイホーム購入は頭金を預けてローンを組む(レバレッジをかける)わけですから、賃貸暮らしで資産を銀行に預けているだけの人と比べて、さらに有利だったわけです。


バブルの頃は、今の地価はおかしいと言う人の方が馬鹿にされ、日本は国土が狭く人口が多いから、これ位の地価になったとしても不思議ではないという単純な反論が跋扈していました。

社会的信用のため

大人ならマイホームは持っていて当たり前であり、賃貸で暮らすなんて情けない、そういった風潮が長らく続き、現在でも若干残っていると感じます。日本では一生賃貸で暮らすというのは、貧乏人か変人だけであり、まともな人は土地を買い家を建て、一国一城の主になるものだと信じられていたのです。

さらに、不動産は資産の王道でありその信用力は圧倒的でした。例えば、まとまったお金が必要になったとして、不動産を持っていればそれを担保に銀行から低利で融資を受けるのも、その信用力で簡単だったのです。

スポンサード リンク