mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

年金の種類と概要

年金にはどんなものがあるの?

年金とは、終身または一定期間にわたり、毎年定期的に一定の金額を給付する制度により支給されるお金の事です。年金は、その管理運営を誰が実施しているかで「公的年金」「企業年金」「個人年金」の3つに分けられます。

年金 公的年金 国が法律に基づき管理運営。強制加入。
企業年金 会社が生命保険会社等に運営を委託。会社に企業年金があれば必ず加入する。
個人年金 民間の保険会社等が営利目的で運営。加入は自ら決められる。

公的年金

年金の基本となるのが、国が管理運営している公的年金です。公的年金には3種類あります。

国民年金

全国民共通の1階部分である基礎年金のための年金。

厚生年金

企業などに勤める人の2階部分の年金。

共済年金

公務員や学校の職員などの2階部分の年金。

公的年金の理念

公的年金は年老いた時、障害状態になった時、死亡した時に国が年金を支給し、本人及び家族の生活を守るための社会保障です。

公的年金の仕組み

公的年金は加入者から保険料を徴収し、それを主な財源として給付要件に該当した人に支払っています。この方式を「保険方式」といいます。

また、老齢年金を受ける人の原資を若い現役世代が負担する仕組みを「世代間扶養」といいます。世代間扶養を維持するためには、確実に保険料を徴収する必要があるため現役世代は強制加入させられるのです。

企業年金

公的年金を補ったり、退職金の支払いを軽減する目的で、企業が社員の福利厚生として行っている年金です。

厚生年金基金

厚生労働大臣の認可を受け設立された法人が行う年金。全従業員が対象。

確定給付企業年金

労使合意による年金規約に基づく年金で、規約型と基金型の2種類がある。全従業員が対象。

自社年金

会社がすべての管理運営を行う年金。加入資格や給付などは会社が自由に決められる。

確定拠出型年金

日本版401kと呼ばれる年金で、企業や加入者が予め定められた方式で拠出し、運用は加入者本人が自己責任で行う。

個人年金

老後資金が不安な人が私的に加入する年金が個人年金です。生命保険会社や損害保険会社などが営利目的で運営しています。

スポンサード リンク