mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

遺族共済年金の仕組み

遺族共済年金とは?

共済組合の組合員が死亡した時、遺族に対し共済組合から支払われるのが「遺族共済年金」です。

遺族共済年金を貰える遺族

遺族は優先順位から①配偶者、②子、③父母、④孫及び祖父母の順になります。

受給の要件

■組合員が、死亡した時
■組合員であった者が、退職後に、組合員であった間に初診日がある傷病により当該初診日から起算して5年を経過する前に死亡した時
■障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害共済年金の受給権者が死亡した時
■退職共済年金の受給権者が死亡した時
■組合員期間等が25年以上ある者が死亡した時

遺族共済年金の年金額の計算

遺族共済年金=報酬比例部分+職域年金部分+寡婦加算

遺族共済年金は「短期要件」と「長期要件」があります。計算には「報酬比例部分」と「職域年金部分」の計算が必要です。

短期要件の場合

(A+B)×※全被保険者月数分の300×4分の3

報酬比例部分(A+Bの額)平成15年3月までの期間分・A
平均標準報酬月額×1000分の7.125×組合員期間の月数×スライド率
平成15年4月以降の期間分・B
平均標準報酬額×1000分の5.481×組合員期間の月数×スライド率
職域年金部分(A+Bの額)×1.25平成15年3月までの期間分・A
平均標準報酬月額×1000分の1.425×組合員期間の月数×スライド率
平成15年4月以降の期間分・B
平均標準報酬額×1000分の1.096×組合員期間の月数×スライド率

※短期要件の場合、被保険者期間の月数が300月に満たない時は300月として計算します。

長期要件の場合

(A+B)×4分の3

報酬比例部分(A+Bの額)平成15年3月までの期間分・A
平均標準報酬月額×1000分の9.5~7.125×組合員期間の月数×スライド率
平成15年4月以降の期間分・B
平均標準報酬額×1000分の7.308~5.481×組合員期間の月数×スライド率
職域年金部分(A+Bの額)×1.25平成15年3月までの期間分・A
平均標準報酬月額×1000分の0.475~1.425×組合員期間の月数×スライド率
平成15年4月以降の期間分・B
平均標準報酬額×1000分の0.365~1.096×組合員期間の月数×スライド率

寡婦加算

遺族共済年金の受給権者である夫の死亡当時、40歳以上65歳未満で生計を維持されていた妻には、40~64歳までの間の遺族厚生年金に中高齢の寡婦年金として、年額579,700円(平成26年度価額)が支給されます。

さらに、「経過的寡婦加算」というものが存在します。昭和31年4月1日以前に生まれた妻が対象で、65歳以降も一定の額を加算する制度です。

スポンサード リンク