mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

信用取引における配当金の扱い

信用買いしていた時の配当金

何かの株を信用買いしたとしても、直接、現物株を購入したわけでもなく、代金もまだ支払っていない状態ですから、この時点では後でその株価で現物株を現引きする権利を得ただけです。いわば仮の株主になった状態で、株主総会の議決権もありません。

では、投資家が信用買いした株の株主は誰なのでしょうか? それは株券を預かっている証券会社(もしくは証券金融会社)になります。そして、買い持ちしている投資家がポジションを清算すると、ポジションを持ってから清算するまで自分が株主であった事が確定します。

これは即ち、信用買いしていた投資家は配当を受け取る権利があったという事になり、実際に配当金が支払われた時、証券会社は配当金相当額の配当落調整額(はいとうおちちょうせいがく)を投資家に支払います。勿論これは、権利付最終売買日をまたいで信用買いしていた人のみが対象です。

ちなみに、株主優待は受け取る事は出来ません。

信用売りしていた時の配当金

信用売りしていた場合は事情は異なります。信用売りしていた投資家は「借りた株券を他人に売った」形になります。そして、その株を買った投資家は、この時点で株主としての権利を得るのです。

しかし、信用売りした人に株券を貸した人(証券会社や証券金融会社)も、株券を貸しただけであり権利まで手放したわけではありません。こうなると、株を購入した投資家は配当金を貰う権利があり、信用売りした人に株券を貸した人にも配当金を受け取る権利がある事になります。

株券は一人分しかない以上、これは矛盾しています。そこで、株券を貸した人に支払う配当落調整額は信用売りした投資家が負担する事になっています。ポジションを清算したときに配当落調整額が引かれ、その時点で配当金が分からなければ後々決定した時点で差し引かれます。

スポンサード リンク