mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

代用有価証券と二階建て

代用有価証券の値動き

委託保証金を代用有価証券で差し入れている場合は、代用有価証券の値動きにも気を配る必要があります。株式の場合は時価の8掛けですから、時価が変動すれば委託保証金の評価額も変わってくるからです。

例えば、1000円の株を1000株、委託保証金として差し入れたとします。この時の評価額は、

・1000円 × 1000株 = 100万円

になります。この株が100円値下がりし900円になったとしましょう。すると、

・900円 × 1000株 = 90万円

となり、信用新規立て余力も減少してしまい、場合によっては最低委託保証金額を割り込むという事も考えられるでしょう。

逆に100円値上がりすると、

・1100円 × 1000株 = 110万円

となり、信用新規立て余力は増加します。

委託保証金を代用有価証券で賄っている場合は、常に時価で判断されるため、その値動きを追う必要があります。

二階建てとは

信用取引において、委託保証金として入れた代用有価証券と同じ銘柄の建て玉を持つ事を「二階建て」と言います。この二階建ても気を付けなければならず、証券会社によっては禁止している所もあります。例えば、

・A社の株の代用有価証券100万円分
・1000円のA社の株を2000株信用買い
・最低委託保証金額30万円

というポジションを持ったとしましょう。建て代金は200万円ですから2倍の取引をしている事になります。この時、株価が30%下がったとしましょう。含み損60万円ですから残った委託保証金の評価額は、

・委託保証金100万円 ー 60万円 = 40万円

となり、最低委託保証金額を割り込んでいないように見えますが、二階建ての一階部分である代用有価証券も同じく値下がり(ー30%)しているわけですから、

・委託保証金100万円 × 0.7 ー 60万円 = 10万円

で、最低委託保証金額を下回っています。現金ならー30%でも耐えられますが、二階建てだと-23%程度しか耐えられないのです。二階建ては委託保証金を急激に減少させる危険性をはらんでいるため、採用する場合は慎重に検討しましょう。

代用有価証券を売却したら委託保証金額はどうなる?

代用有価証券の株式はいつでも売却可能です。しかし、売却すると委託保証金額はどうなるのでしょうか? 売却すると委託保証金がガクンと減ってしまいそうですが、実際はそんな事はありません。

代用現物株を売却すると売却代金が入り、それがそのまま現金の委託保証金となるか、信用取引口座の預かり金の扱いになります。現物株の時は8掛けでの評価でしたから、売却すると売却時の評価額より委託保証金額がアップします。

反映されるのは翌営業日からが一般的です。しかし、売却当日は8掛けでの評価額になります。

スポンサード リンク