mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

建て玉と取引額の変動

建て玉

信用取引では、信用買いしている状態を「買い待ち」「ロング」と言い、信用売りしている状態を「売り待ち」「ショート」と言います。そして、このような売り買いの状態になっている株を「建て玉(たてぎょく)」「ポジション」と言います。

玉は株を意味し、建てるは新規で買ったり売ったりする事です。例えば、100円の株を1000株、信用買いしたとします。この時、1000株を買い持ちと表現します。購入に掛かった10万円は「建て代金」と呼ばれ、これは信用売りした場合でも同じです。

建て玉を持った分だけ取引額が低下する

信用取引の最大取引額は、

・差し入れた委託保証金評価額 ÷ 委託保証金率

ですから、委託保証金100万円、委託保証金率30%なら最大取引額は約333万円になります。

この時、一株800円の銘柄を1000株、信用買いしたとしましょう。建て代金は80万円です。この80万円の取引に必要な委託保証金額は、

・80万円 × 30% = 24万円

となり、これが委託保証金100万円から引かれ、残りは76万円になります。この残った76万円で取引できる最大額は、

・76万円 ÷ 30% = 約253万円

になります。これが信用買いで買い持ちした後の最大取引額になります。この残りの取引額を「信用新規立て余力」と呼びます。

建て玉の含み損

信用新規立て余力は新規で建て玉を持つと減少しますが、建て玉に含み損が出た場合にも減少します。先ほどの例では、

・委託保証金100万円
・800円の株を1000株信用買い

していました。この時点で委託保証金の評価額は76万円ですが、買い持ちした株が800円から700円に値下がりしてしまったとします。保有株数は1000株ですから、10万円の含み損が発生した事になります。

この場合、委託保証金の評価額から含み損10万円が引かれ、

・委託保証金76万円 ー 含み損10万円 = 66万円

になってしまうのです。注意しなければならないのは、建て玉の含み損は最大取引額から引かれるのではなく、委託保証金の評価額から引かれるという点です。

先ほどの含み損は10万円でしたが、半額の400円値下がりすると40万円の含み損になります。こうなると残りの委託保証金の評価額は36万円で、最低委託保証金額が30万円なら、あと100円も値下がりすれば最低保証金を割り込んでしまいます。

逆に値上がりし含み益が発生したとどうなるでしょうか? この場合、最大取引額が増える事はありません。

二階建てとは

信用取引において、委託保証金として入れた代用有価証券と同じ銘柄の建て玉を持つ事を「二階建て」と言います。この二階建ても気を付けなければならず、証券会社によっては禁止している所もあります。例えば、

・A社の株の代用有価証券100万円分
・1000円のA社の株を2000株信用買い
・最低委託保証金額30万円

というポジションを持ったとしましょう。建て代金は200万円ですから2倍の取引をしている事になります。この時、株価が30%下がったとしましょう。含み損60万円ですから残った委託保証金の評価額は、

・委託保証金100万円 ー 60万円 = 40万円

となり、最低委託保証金額を割り込んでいないように見えますが、二階建ての一階部分である代用有価証券も同じく値下がり(ー30%)しているわけですから、

・委託保証金100万円 × 0.7 ー 60万円 = 10万円

で、最低委託保証金額を下回っています。現金ならー30%でも耐えられますが、二階建てだと-23%程度しか耐えられないのです。二階建ては委託保証金を急激に減少させる危険性をはらんでいるため、採用する場合は慎重に検討しましょう。

スポンサード リンク