mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

喪中と忌明け

忌服とその期間

近親者の死後、一定期間を喪に服すことを「忌服(きぶく)」と言います。忌服の忌は、身内の死によって穢れた体を清める謹慎を意味し、神道から来ている考え方です。忌服の服は、故人の死を慎み、喪服を着て慶事を慎む事を言います。

忌中と喪中の期間は、明治7年に太政官布告の「服忌令(ぶっきれい)」で定められました。しかし、所詮お国が作った決まりであり、現代では使いづらいという理由から、仏教に従い忌の期間は四十九日、服の期間は一年が一般的です。

忌服中にしてはいけない事

忌服中は結婚式の出席や神社の参拝は控え、基本的に派手な行動は全て慎みます。昔は、忌中は家の中でも喪服を着用し、外出も禁止されていました。現在では日常生活で喪服を着る事はありません。また、喪中には年始回りや年賀状を送ることも控えます。

官公庁服務規定による忌引き期間(きびききかん)は以下のように定められています。忌引き期間とは、会社を休んでも欠勤や欠席を取らない期間の事です。

配偶者 10日
父母 7日
子供 5日
祖父母 3日
兄弟姉妹 3日
1日
おじ・おば 1日

年賀欠礼

忌服期間中は年賀状を送れないので、代わりに「年賀欠礼」の知らせを出します。欠礼状は、年賀状を出せない旨のお知らせであり、故人の名前と続柄(つづきがら)を記します。相手に年賀状を送らせないために、相手が年賀状を用意する前の12月初めには届くように送りましょう。

文面の例としては以下のようなものが、良いでしょう。

年賀欠礼状の文例 今年十月に父が他界致しました。新年のご挨拶を申し上げるべきところで御座いますが、喪中につきご遠慮させていただきます。なお時節柄一層のご自愛の程お祈り申し上げます。
平成○○年十二月
○○市□□町△ー△ー△
○○□□雄
喪中に年賀状を貰った場合 この度は年賀状を頂戴致しまして有り難うございます。
一昨年の十月に父が他界致しまして、私ども服喪中でございますために年賀のごあいさつを失礼致しました。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげます。
平成○○年一月
○○□□雄

欠礼状を出す範囲は通常2親等、同居していた祖父母の場合です。2親等とは父母、配偶者の父母、子、兄弟姉妹、孫、配偶者の兄弟姉妹までです。

年忌法要

亡くなった日と同じ月、同じ日を祥月命日(しょうつきめいにち)と言います。この日に参列者を招いて供養するのが年忌法要です。

亡くなった翌年の祥月命日が一周忌となり、以降三、七、十三、十七、二十三、二十七、三十三、五十、百回忌となります。間違いやすいのですが、三回忌は一周忌の翌年、つまり2年目に行います。

年忌法要は全て行うのが普通ですが、難しいようであれば十三回忌まで行って、後は三十三回忌で弔い上げをするケースが多いようです。

法要が重なったらどうするの?

1年に二つ以上の法要が重なる事があります。年に何度も法要を行うと、時間的、経済的に負担が大きいため、これらを併せて行う場合があり、これを併修(へいしゅう)、合斎(ごうさい・がっさい)と言います。

法要は命日を過ぎたら行わないのが原則ですから、併修を行う場合は最も命日の早いものにあわせるようにします。併修は大体七回忌以降の法要が対象となり、それまでは別々に行うのが良いでしょう。

神道の式年祭

神式の法要にあたるものが「霊祭」です。祥月命日ごとに行われる霊祭を「式年祭」と言います。1年後の一年祭は仏式同様大切で、厳粛に行います。その後は二、三、五、十、二十、三十、五十年と続き、以後は百年ごとに続きます。多くの場合、十年祭までを友人知人などを呼び、盛大に行います。

キリスト教の追悼ミサと記念の集い

キリスト教には忌明けや法要といった風習はありませんが、カトリックでは追悼ミサ、プロテスタントでは記念の集いという記念式があります。

カトリックでは祥月命日に追悼ミサを行います。ミサは教会で行い、近親者や友人知人を呼び、聖書の朗読や聖歌斉唱を行います。また、毎年11月2日の「死者の日」、もしくは「万霊節(ばんれいせつ)」にも追悼ミサが行われます。

プロテスタントでも祥月命日(召天記念日)に、「記念の集い」を行います。記念の集いは教会、自宅などで行われ、当日は牧師、親類、友人を招き、聖書の朗読や賛美歌を合唱します。

形見分け

形見分けの対象となるのは、故人が愛用していた衣類、アクセサリー、家具、身の回りの小物が多いようです。

仏式では三十五日か四十九日の法要後、神式では五十日祭の頃、キリスト教式ではそもそもそういった風習がありません。しかし、日本では一週間か一ヶ月後の召天記念日に行う事が多いようです。

スポンサード リンク