mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

火葬の流れ

納めの式

火葬場に到着したら、火葬許可証を係員に渡し、霊柩車から棺を降ろし炉の前に安置します。

炉の前には祭壇用の机があり、持ってきた位牌と遺影を飾ります。それ以外の燭台、生花などは火葬場側で用意してくれます。

火葬の前に祭壇の前で「納めの式」を行います。僧侶の読経、焼香の後、喪主、遺族、近親者などが故人と血縁の深い順に焼香、合掌、礼拝します。納めの式が終わると棺が炉に納められます。

火葬場の控え室

火葬が行われている間は控え室で待ちます。世話役や喪主は同行者に茶菓などでお清めとしての接待を行います。

分骨する場合

分骨を希望する場合は、分骨用の骨壺や錦袋を用意しなければならないため、事前に葬儀社に伝えておきましょう。お骨は骨揚げの時に係員が分けてくれます。

骨揚げ

火葬が済んだお骨を骨壺に納める事を「骨揚げ(こつあげ)」と言います。拾い上げる順序は喪主、遺族、近親者、友人と故人と関係の深い順に行います。

骨揚げは、竹の箸を使い二人一組で行います。それぞれが箸を持ち、一つのお骨を一緒にはさんで骨壺に納めます。一組で一つを納めたところで次の人に箸を渡し、渡された人も同様に方法でお骨を拾います。拾うお骨の順番は足の骨から始めて、腕、背骨と徐々に上へ上がっていきます。一番最後にのど仏(第二頸椎)を故人と最も繋がりの深い遺族が二人で拾います。のど仏はその名の通り、仏が座った姿に似ており、仏様が宿ると考えられて尊重されているからです。

骨揚げが終わると、係員が骨壺を白木の箱に入れ、白布で包みます。この時、箱の中に埋葬許可証を一緒に入れてくれます。

神式で行われる炉前祭

神式葬儀の場合、火葬場で「炉前祭(ろぜんさい)」を行います。炉の前に棺を安置し、銘旗(めいき)や生花を供え、喪主が祭詞を奏上します。骨揚げに関しては仏式と同じです。一同礼拝の後、主だった人が玉串奉奠をし、棺を炉に納めます。

後祓い

出棺後、自宅に残った人は、祭壇を片付け家の中を掃除し、手水で清め、修祓係の神官に祓い清めてもらいます。これを「後祓いの儀(あとばらいのぎ)」と言います。神道では遺骨は火葬場から直接墓地に移し、納骨するのが本来のやり方ですが、一度、持ち帰る場合には、自宅で帰家祭の儀を行います。

カトリックの火葬

火葬の直前に聖書を朗読、献花を行います。火葬の時に聖歌を合唱する場合もあり、祈りを捧げた後、骨揚げします。

キリスト教は土葬の文化なので、お骨に関する習わしというものはありません。

カトリックの葬儀後の流れ
最後の祈り
骨揚げ
追悼のミサ
納骨

プロテスタントの火葬

プロテスタントも火葬もほぼカトリックと同じです。賛美歌斉唱や祈りを捧げ、火葬します。

プロテスタントの葬儀後の流れ
最後の祈り
骨揚げ
記念集会
納骨

スポンサード リンク