mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

精進落とし

遺骨迎えとお清め

火葬場から持ち帰った遺骨は、埋葬の日、もしくは四十九日の忌明けまで「後飾り」の祭壇に安置します。

後飾りの図

後飾りの祭壇は遺骨、位牌、遺影を安置する祭壇で、「中陰壇(ちゅういんだん)」とも言います。後飾りは葬儀社が行ってくれます。

祭壇には忌明けまで毎日灯明を灯し、焼香して冥福を祈ります。また、後日訪れた弔問客にもここで拝礼してもらいます。

火葬場から戻って来た人は、家に入る前に塩と水で身を清めます。清めの塩は小皿に盛ってお盆にのせ、清めの水は桶に入れてひしゃくやタオルを添えて玄関に置きます。お清めは死の穢れを家に持ち込まないために行うものであり、死を穢れと考えないキリスト教などでは行いません。

お清めのやり方は、家に残っていた世話役や手伝いの人が、一人一人の両手にひしゃくでお清めの水をかけます。そして、胸、背中、足下にお清めの塩を軽く振りかけます。

還骨法要と初七日

遺骨を迎えたら「還骨法要(かんこつほうよう)」を行います。還骨勤行(かんこつごんぎょう)とも言います。遺族、会葬者が後飾りの祭壇に集まり、僧侶に読経してもらいます。その後、全員が焼香を終えると、葬儀は全て終わりとなります。

初七日(しょなのか)は、命日も含め故人が無くなってから七日目に行う法要の事です。七日目は故人が三途の川を渡る日とされ、安全に渡れるようにと法要を行います。

最近では、還骨法要と初七日を七日目に併せて行う「付七日(つけなのか)」も多くなっています。これは遠方に住む親族などへの配慮や、日程的に慌ただしいことなどから行われるようになりました。告別式中に初七日の読経を行う「式中初七日」もあります。

精進落とし

僧侶や世話役など、葬儀でお世話になった人達に感謝し、ねぎらうための席が「精進落とし」です。

元々は四十九日の忌明けに行いましたが、現在では供養と葬儀の当日に行う事が多くなってきました。

精進落としの席次は僧侶、世話役の人達に上座についてもらい、友人・知人がそれに続きます。喪主、遺族はもてなす側なので末席に座ります。

精進落としの席次

神式の帰家祭

神式葬儀では本来、火葬場からそのまま墓地へ遺骨を移し、納骨します。しかし、納骨を後日にする場合には「帰家祭」を行います。

まず「仮霊舎(かりれいしゃ)」と呼ばれる祭壇を設けます。白木の案で祭壇を作り、中央に遺影、遺骨、霊璽を飾り、洗米、塩、水などのお供え物、榊、灯明などを飾ります。

帰家祭の祭壇の図

火葬場から戻ると、喪主、参列者一同は、家に残っていた神官からお祓いを受けます。さらに手水を使い、塩をまいて清めてから家に入ります。これを「帰家修祓の儀(きかしゅばつのぎ)」と言います。この後で帰家祭を行います。

神道に葬儀後の宴のしきたりはありませんが、行う場合もあります。それが「直会(なおらい)」で、これが精進落としに当たります。祭壇に供えたお神酒や供物を下げ、神官や世話役達をねぎらいます。神官には上座に座ってもらいましょう。神官には直会の有無に関わらず「御膳料」を渡します。最近は身内だけで済ませたり、省略する事も多くなっています。

葬場祭以降の流れ
出棺祭 故人との最後のお別れをします。釘打ちを行い、出棺します。
後祓いの儀(祓除の儀) 家に残っている人達と、死によって穢れた家を祓い清める。
炉前祭 炉の前に棺を安置し、供え物をし、喪主が祭事の奏上を行って参列者一同で拝礼する。
骨揚げ 二人一組となって骨を拾う。やり方は仏式葬儀と同じ。
帰家修祓の儀 火葬場から戻った遺族を、家に残っていた神官が清める。
帰家祭 仮霊舎に遺骨、遺影などを飾り、祭詞の奏上や玉串奉奠を行う。
直会 神道葬儀の精進落とし。
霊祭 霊祭は仏教の法要に当たるもので、故人の死亡した日から数えて10日ごとに、十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭と行います。

スポンサード リンク