mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

出棺の流れ

別れの儀

出棺に先立って、親族、会葬者による最後の別れの儀を行います。告別式終了後、近親者や友人により棺が祭壇から下ろされます。この時、頭が北を向くようにします。

棺の窓を開け、遺族、近親者、友人知人など、故人と縁の深い順に最後の対面をします。その際、祭壇や棺の周りに飾られている供花を遺体の周りに飾ります。花は葬儀担当者がおぼんに載せて準備、手渡してくれます。これを「別れ花」と呼びます。

別れ花を入れる際に、故人の愛用品を棺に入れる場合もありますが、金属製やガラス製の物は火葬の時に遺骨を傷つける恐れがあるため入れません。

釘打ちの儀式

別れが済むと「釘打ちの儀式」が行われます。打ち方は葬儀業者が金槌で半分打ち、その後に遺族が血縁の順にこぶし大の石で、軽く2回ずつ打ち、最後に葬儀業者が金槌で封じるのが一般的です。釘打ちの儀式は、三途の川を死者が無事に渡り、浄土へ辿り着くようにと願いを込めて行われます。

釘打ちは宗派や地域によっては行わない場合もあります。

出棺

釘打ちの儀式が終わったら、棺を霊柩車に運びます。運び手は近親者や友人など若い男性5~6人で行います。運び出す時は遺体の足側を前にし、霊柩車に納める時も同じく足側から納めます。

地域によっては死者の霊が戻って来るのを防ぐため、生前故人が使っていた茶碗を割るなどの風習もあるようです。

出棺の挨拶

出棺に先立ち、喪主もしくは遺族代表による挨拶が行われます。含ませるべきポイントは以下です。

1 自分と故人との関係
2 参列者に対するお礼
3 生前の故人との交友に対するお礼
4 今後、遺族に対する支援のお願い

挨拶が行われている間は、喪主の代理が位牌を持ち、それに次ぐ遺族が遺影を持ち、遺族全員が参列者の方を向いて並びます。喪主の挨拶が終わったら全員で深く一礼しましょう。

火葬場へ移動

出棺に関する儀式が全て終わったら、火葬場へ移動しますが、この時に同行するのは遺族、近親者の他、故人とごく親しい人が同行します。同行する人には予め伝えておきますが、その時になって同行を申し出る人がいれば一緒に行ってもらいましょう。

火葬場へ向かう時の車列は、霊柩車を先頭にします。霊柩車には棺と運転手と葬儀業者が乗ります。喪主、遺族代表は霊柩車に続くお供車に乗ります。喪主は位牌を、遺族代表は遺影を持ちます。同行する僧侶は喪主と同じ車に乗車してもらいます。喪主の後の車には、遺族、近親者、友人など血縁の深い順に乗っていきます。霊柩車、ハイヤー、マイクロバスという並びが多いようです。

車中の席順は運転席に運転手、助手席に遺族代表、運転席の後ろに僧侶、助手席の後ろに喪主です。

持っていく物

火葬場に持っていかなければいけない物は以下です。

1 火葬許可書
2 心づけ
3 茶菓子、軽食

1の火葬許可書が無いと火葬が出来ませんので、必須の物ですから忘れない様にしましょう。

2の心づけは火葬場の係員、霊柩車やハイヤー、マイクロバスの運転手に渡します。火葬場の係員には火葬の前に渡し、霊柩車やハイヤーの運転手には出発前か帰ってきてから渡します。金額の相場は3,000~5,000円が一般的でしょう。

3は火葬には大体一時間ほど掛かるため、同行者は控え室で待ちますが、その間に渡す物と考えて下さい。

スポンサード リンク