mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

弔辞を依頼されたら

弔辞の構成

弔辞は喪主、遺族から依頼され、快く引き受けるのがマナーとされています。特別な理由が無い限り引き受けましょう。

弔辞の構成は、

①呼びかけ
まずは故人に対し呼びかけの文章から始めます。呼び方は相手との関係で変化し、目上の場合は役職、同年代や年下の場合はさんづけにします。例え年下の後輩であっても、普段通りの呼び方はマナー違反になります。

②驚き
故人の死に対する驚きを表現します。

③故人との関係
生前の自分と故人との関係、思い出やエピソードを盛り込みます。

④実績
故人の生前の実績、功績を称えます。

⑤結び
最後に結びの言葉を言います。残された者としての決意や冥福を祈る言葉、遺族への慰めや励ましの言葉で終わります。

弔辞の捧げ方

弔辞を捧げる際の作法は以下です。

①祭壇前に立つ
司会者から呼ばれたら、静かに祭壇前に進み出ます。

②遺族に礼をする
僧侶、遺族に一礼し、弔辞を開く。

③弔辞を読む
直立不動の姿勢で、弔辞を目の高さに持ってきて読みます。

④礼をして下がる
祭壇に読み終わった弔辞を供え、僧侶、遺族に一礼して下がります。

弔辞を開く時は、包みを左手に持ち、右手で開けて弔辞を取り出し、一端包みの下にして包みを畳みます。そして畳んだ包みを下にし弔辞を広げ読み上げます。

忌み言葉に気を付ける

弔辞では忌み言葉という不幸を連想させる言葉は言い換えるのがマナーです。「度々」などの繰り返す言葉や、「続いて」などの不幸が続くような言葉も使ってはいけません。

■使用してはいけない言葉の例
重ね重ね、重々、再び、再三、また、次々、続いて、返す返す、くれぐれも、また、たびたび、しばしば、ますます、死、事故など。

■死
死去、急逝、永眠、不帰、没する。故人が若い場合は夭逝(ようせい)、早世。

■事故
不慮の出来事、変事、災禍、悲運、危難、奇禍、殉難、殉職。

キリスト教の場合、成仏などの仏教用語を使ってはいけません。
■死
昇天、召天、天に召される。

神式でも仏教用語は使いません。
■死
帰幽(きゆう)。

スポンサード リンク