mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加

喪主と世話役の決め方

喪主を決める

喪主とは、葬儀の主催者であり遺族の代表者を指します。通常は遅くとも通夜の前には決めておきます。

喪主の決定は、配偶者とそれ以外の場合があります。故人が結婚している人であれば、喪主は以下の順で決めます。

1 残された配偶者
2 長男
3 次男、三男
4 長女
5 次女、三女

亡くなった人が配偶者以外の場合は、故人と血縁関係の深い順に喪主を選びます。また場合によっては配偶者と長男、長女、子供全員などのように、共同で喪主を務める事もあります。

親よりも子供が先に亡くなる事を「逆縁」と言い、以前であれば親は喪主をやらないのが慣習になっていました。しかし今では親が喪主を務めるのも一般的になっています。

生前に故人が喪主を指名していた場合には、出来る限りその希望に沿うようにします。

喪主は葬儀の時だけ仕事をすると思いがちですが、葬儀後も年忌法要など、その後の仏事の主催者となるのが一般的ですから、喪主の選定は長期的な関係を前提として選ぶ必要があります。

喪主の役割と仕事内容

喪主は葬儀の主催者ですから、故人を慰め、サポートし、故人の代わりとなって弔問を受けるのが役割となります。以下が代表的な喪主の役割です。

●通夜、葬儀日時の決定
●菩提寺、親戚、友人等への連絡
●葬儀支度の手配
●弔問客への応対
●通夜での挨拶
●僧侶への応対
●葬儀、精進落としでの挨拶
●葬儀内容(プラン、規模、予算)の決定
●世話役やご近所へのお礼
●事後処理

喪主がいない、喪主が未成年者の場合

故人が天涯孤独の独り者などで、喪主に該当する縁者がいない場合は友人が喪主となりますが、そういった人もいない場合には、葬儀社が喪主を代行するケースも増えています。

喪主となる子供がまだ未成年であった場合、成人の近親者を後見人という形にして、葬儀を執り行います。

施主とは

施主(せしゅ)はお布施をする主を意味し、葬儀費用を負担する人を指します。一般的には喪主と施主は同じ人がやる事が多いのですが、バラバラのケースもあります。

世話役とは

世話役とは、弔問を受けなければならない遺族や喪主に代わって、通夜、葬儀の進行や雑務を取り仕切る人を指します。

葬儀の形式や規模により異なりますが、世話役の仕事は主に以下です。

●会計
●受付
●葬儀の進行
●接待

世話役は通常、親戚、遺族の友人、会社の上司や同僚、町内会や自治会の役員等から選びます。最近は葬儀の規模自体が小さくなっているからか、世話役は決めないケースも多くなっています。

規模が大きな葬儀の場合、世話役代表を決める事もあります。複数の世話役がおり、それを統括する代表という事になります。

世話役は遺族側の人間になるため、必ず喪服を着用します。

係と仕事内容

葬儀に関わる人達の役職一覧と、その仕事内容が下図になります。葬儀の規模が大きい場合は、もっと細かく役割分担する事もあります。

●喪主
喪主は葬儀の最高責任者となります。故人と最も縁の深い人が喪主になります。
●世話役(代表)
喪主のサポート役であり、喪主と相談しながら葬儀全般に関わります。喪主は純粋に縁で選ばれるため、頼り無い人、経験不足の人がなる場合がありますので、世話役は年齢の高い、統率力があり、信頼の置ける人物を選びます。
●会計係
出納帳の記入、香典の管理、その他の現金管理など、葬儀に関する経理全般を担当します。お金に関する仕事ですから、信頼できる近親者から選びます。
●受付係
通夜、葬儀の入り口で香典を預かり、記帳を受け付けます。その他、弔電、供花、花輪などの窓口となります。
●進行係
告別式の司会進行を務めます。葬儀社に依頼する事もあります。
●台所、接待係
弔問客をもてなし、通夜ぶるまいの料理を手配、用意します。

スポンサード リンク